4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

現役の営業マンは教えてくれない!失敗しないマンションの選び方

f:id:haruru1019:20190620093746j:plain

こんにちは!晴です。

マンション購入は、大きな買い物ですし、初めて検討される方がほとんど。
そして「マンション購入に失敗したくないけど、どうやって選んだらいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。

また『私って、ローン組めるの?』から『本当に、この物件で大丈夫?』まで、様々な疑問や不安が浮かんでくるものです。

一生の買い物であるマンション購入に『失敗しない選び方』があるのなら、知りたくはありませんか?

僕だったら、知りたいです。

 

www.haruru.top

www.haruru.top

 

 

失敗しないマンション購入ポイント

いざ、マンションを検討しようと思っても、たくさん物件はあるし、どの地域がいいのか、広さはどうか等、悩みは尽きません。
なぜなら、貯金通帳に何億円もの預金がある人や予算に限度がない人は別ですが、僕たちは、ある程度の予算が決まっているからです。

都心の駅近物件が良くても、高額になりますし、広い部屋を求めれば、立地が不便になる可能性があります。
「便利、広い、安い」といった完璧なマンションは存在しませんので、物件選びはどれを優先させるかが大切になります。

簡単に言うと「優先順位をつけながら、物件を選別しましょう」ということです。
「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、結構出来ていないものです。また、大事なのは、どう優先順位を付けていくかがポイントなのです。

 

優先順位のつけ方

では、具体的に、どのように優先順位をつければいいかをお話しします。

自分が住む家としてだけではなく、投資用のマンションを購入するつもりで、物件の検討をするとマンション選びに失敗しません。資産価値」という客観的視点を基に、物件を選定していくのです。

f:id:haruru1019:20191112122213j:plain

資産としてのマンション選択の優先順位

戸建て住宅と違い、マンションの選び方は、ある程度パターンが限定されますので、優先順位さえ間違わなければ、良い物件を選ぶことができます。
下記の順(優先順位1~10位)に、物件の良い点、悪い点を整理しながら、あなたの厳しい目で物件を選びましょう。

 

 優先順位1位「適正な予算をたてること」

www.haruru.top

www.haruru.top

優先順位2位「大手不動産の物件だけを購入すること」

www.haruru.top

 

優先順位3位「駅からの距離を重視すること」

www.haruru.top

優先順位4位「住みたいエリアを探すこと」

www.haruru.top

www.haruru.top

www.haruru.top

優先順位5位「マンションの前建てを気にすること」

www.haruru.top

優先順位6位「部屋の広さにこだわること」

www.haruru.top

優先順位7位「マンション階高・眺望にこだわること」

www.haruru.top

優先順位8位「部屋の間取りにこだわること」

www.haruru.top

優先順位9位「マンションの向きにこだわること」 
www.haruru.top

優先順位10位「マンションの設備にこだわること」
www.haruru.top

 

マンションは資産である

僕らには、転勤もあれば、ライフスタイルが大きく変わることがあります。
東京から大阪へ
大阪から札幌へ
札幌からアメリカへ

もしかしたら、来年の今頃、ニューヨークで英語を話せなくて困っているかも知れませんし、オーストラリアでのんびりコアラを眺めているかも知れません。

選んだマンションにずっと住めれば素晴らしいですが、そうでない場合も考えられます。
でも、安心してください。マンションは、選び方さえ間違えなければ、不動産価値が落ちにくいという特徴があります。

もちろん、すべての物件の価値が落ちないわけではありませんので、立地の目利きは大切です。
だからこそ、マンションを一生の住まいとだけ考えず、資産形成のひとつだと思って、物件を選んだ方が失敗しないのです。

f:id:haruru1019:20190620111953j:plain

 ■マンションの特徴は資産性。「一生この場所に住めるかなあ」と思い始めたら、購入に踏み切れないものです。

www.haruru.top

最後に一言

住まいをもつことは素晴らしいことです。「賃貸の方が、トータルのイニシャルコストが安い。設備が古くなったら、オーナーが負担しなければならない。今は所有するより、借りてシャアする時代だ!」と色々言う人もいます。

あーうるさい。家族の為に、一生住める持ち家を持つのが悪いのか!あなたは、賃貸の部屋に住まいへの愛情が注げるのか!!家を持つ方が、幸福度(自己満足度)は高いのだ!!!と主張します。

僕は2010年に今住んでいるマンションを購入しました。家族は奥さんと長女さん(当時2才)、長男さん(未誕生)の4人家族で選んだマンションは、75㎡、3LDKプラン。
戸建て住宅の営業経験も長かった僕ですが、現在の住んでいる地域や全国転勤が想定される会社に勤めている事情から、マンションを選択しました。

マンションは資産であるという選び方に異論がある方もいらしゃるかも知れませんが、その方は、より自由な間取りを実現できる「戸建て」の方が合っているのだと思います。

僕はマンションを「住宅」兼「将来の資産」と考え、広くはありませんが、家族ともどもマンションライフを楽しんでいます。

では

 

 

追伸:家族紹介です。

f:id:haruru1019:20190620124851j:image

 ■我が家の家族(かなり以前の写真です)