4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

極論!戸建ては「間取り」に住み、マンションは「街」に住むのです。

f:id:haruru1019:20180612002132j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。
 今回は「その他」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。www.haruru.top

www.haruru.to

 

 

こんにちは! 晴(ハル)です。

えー、かなり昔の話で恐縮ですが、6年位前、僕の実家(田舎:高知県)に帰省した時のことですが、あまり口のよろしくない父親が、ぽろっと僕に言った言葉があります。

 

父「あんな狭い家(マンション)に住んでるなんて、お前も大変だなー」

母「ちょっと、お父さん・・・」

僕「・・・」

 

苦笑いをしながら、やり過ごしましたが、僕にも言いたいことがあります。

本日は「極論!戸建ては間取りに住み、マンションは街に住むのです」の記事をご紹介します。

 

日本の持ち家の形態

2016年の国土交通省発表データーによると、日本で居住されている住宅ストックは5,210万戸あり、うち6割が持家で4割が借家となっているそうです。

 

また、持家のうち戸建て住宅は2,661万戸、マンションは547万戸の内訳だそうで、住宅の平均床面積は、戸建て133㎡、マンション71.7㎡となるとのことです。

 

うーん、マンションは狭いと言うイメージですが、データーを見てみてもその通りで、マンションは一戸建ての半分強位の面積しかないのです。

 

マンションは「街」に住む

本タイトル通り、戸建ては「間取り」に住み、マンションは「街」に住むものだと思っています。

一部のお金持ちは除き、一般的には郊外の住宅地に一戸建てを建て、駅の周辺や便利な街にマンションを購入します。

広さでは、とても戸建て住宅にはかないませんが、マンションは部屋の外にこそ魅力があり、住む「街」に価値があるのです。

 

気に入った街に住もう!

僕の住まい(マンション)を例にとってお話しすると、地下鉄まで徒歩9分、バスセンターも近いので、僕の通勤、将来の子供たちの通学にも困りません。

 

また、選んだ地域は、文京区と呼ばれており、市内でも有数の図書館や美術館、公園が徒歩圏内に揃い、少し足をのばせば人工海岸やプロ野球の本拠地(ドーム)も簡単に行ける距離にある街なのです。

 

僕たち家族は、この「街」を気に入って住んでいます。

つまり「部屋の広さ」より「その街に住む喜び」の価値を選んだのです。

f:id:haruru1019:20180612000914j:plain■我が家の近所。最寄りのバス停を降りたところでパシャリ

f:id:haruru1019:20180612001931j:plain■少し足をのばせば、ドーム球場や商業施設があります。

 

マンションは将来の価値に備える住まい

日本は少子化により、基本的には従来の拡大から、縮小へとシフトせざる得ません。

住宅で言えば、「コンパクトシティー」化は更に進み、今以上に都市部に商業・住宅が集まっていきます。

 

集約する人口に対応する為、広大な土地がない都市部では、空いた敷地を有効活用する為、マンション(共同住宅)はこれからも増加し、「広さ」の価値から「利便性」への価値が、今以上に見直されるでしょう。

 

最後に一言

本日はマンションの価値について、記事を書きました。

僕の実家も、そんなに広くはないはずですが、田舎の父が思い描く「住まい」と僕の住まいは大きくイメージが違っていたようです。
でも、僕は、気に入った街に住みたいので「マンション」を購入したのです。

まあ、気にいった街で一戸建てを建てられれば問題もないのでしょうが、そうもいきませんからね。

 

では!!

 

 

 

追伸:我が家がこの立地(マンション)を選んだ理由のひとつは、人気の「学区」だったからです。

f:id:haruru1019:20180612001131j:plain

■長男さんの入学式の一枚。ランドセルがまだまだ大きい新1年生です。いまさらの時期ですが載せてみました。

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければ「ボッチ」とお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ