4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

マンション価格高騰!それでも、今、住まいを購入するべき理由

f:id:haruru1019:20180310015025j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。
今回は「その他」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事などもご覧いただくと有り難いです。

 

www.haruru.top

www.haruru.to 

 

 

こんにちは! 晴です。

前回、マンション価格が高騰しているお話しをしましたが、いま買うのが得かどうかマンション購入を考えている方は、悩むところでしょう。

「もうちょっと待てば、安くなるかも」
「今のマンションは高いのかな」
「あとちょっとで消費税が上がるから・・・」

色々な思いが巡ることでしょう。

でも、私は思っています「無理なローンを組むのはよくありませんが、買いたいと思った時が、買い時です」と。
では「マンション価格高騰!それでも、今、住まいを購入するべき理由」記事をご覧ください。

f:id:haruru1019:20180307211434j:plain

 

いまマンションを買うべきか、どうか

マンション高騰の今、買い控えする方も多いと思いますが、私はマンション購入を検討されているなら「購入」しても良いと考えます。

でも2つ条件があります。
ひとつは「無理な住宅ローンではないこと」
もうひとつは「今、家賃を払っていること」です。

www.haruru.top

 

「住まい購入を先送りするリスク」

マンションや一戸建てを現金で購入したり、実家暮らして「家賃」を払っていない方は別ですが、住宅購入を先送りすると大きなリスクが2つ発生します。

まずひとつ「家賃」を支払うリスクです。

月々10万円の家賃を払っていると仮定すると、年間120万円の支出ですが、借りている部屋の大家さんの資産形成に貢献しても、自分たちの資産形成には全く役に立っていません。

しかも、月々家賃を支払いながら、マンションや不動産の頭金を貯めるのって、本当に大変なので、それなら無理しない範囲で住宅ローンを借りて、家を持ってしまった方が楽ではないでしょうか
そして2つ目のリスク。不動産購入を3年遅らせると住宅ローンの完済も3年遅れる「住宅ローン完済が延びるリスク」です。

f:id:haruru1019:20180310015043j:plain

「購入を延期しても価格が下がるとは限らない」

では、ローンを先送りした場合のケースを考えてみましょう。ローンを先送りして、マンション価格が大幅に下がれば、幸運ですが、下がるかどうかは、誰にも分かりません。

そのままの価格かも知れませんし、反対に上がるかもしれません。

 

 【住宅購入シュミレーション】

仮に今購入した場合
35歳購入:4000万円・完済70歳

 

ケース①:3年後、価格が500万円下がった場合

35歳では購入せず(先送り)

家賃:360万円(年間120×3)

38歳で購入:3500万円(▲500万円)

総額3860万円・完済73歳

※今購入するより、140万円負担減。

でも、3年間ローン返済期間が延びる

 

ケース②:物件価格が同じたった場合

35歳では購入せず(先送り)

家賃:360万円(年間120×3)

38歳購入:4000万円

総額4360万円・完済73歳

※今購入するより、360万円負担増。

しかも、3年間ローン返済期間が延びる

 

ケース③:物件価格が200万円上がった場合

35歳では購入せず(先送り)

家賃:360万円(年間120×3)

38歳購入:4200万円

総額4560万円・完済73歳

※今購入するより、560万円負担増。
しかも、3年間ローン返済期間が延びる

 

 

f:id:haruru1019:20180310015056j:plain

 マンションは資産であり、住まいです  

 さて、上記のケース①のように、3年後に500万円くらい下がれば良いですが、マンション価格が変わらなかったり、上昇してしまっては、目も当てられません。

購入を延期してもマンション価格が下がる保証はないのです。

でも、私は500万円位の価格差なら、若干の損はありますが、新しいマンションを買うべきだと思っています。
本ブログでは、マンションは資産であるとの考え方を推進してますが、もちろん大切な住まいでもあるのです。

私の営業時代の経験上、マンションや一戸建てを購入するほとんどの人が「家族のため」に購入します。
その大切な家族と新居である自分の住まいで、1年でも早く過ごすことこそ、お金に換えることができない素晴らしい体験だと思うからです。

 

「最後に一言」 

 本日はマンションの買い時について記事を書きました。

当然、物件価格はその時期によって上下してますが、あまり気にし過ぎるのもよくありません。ローンを先送りするのもリスクがありますし、住いを購入すること自体は、とても素晴らしいことだからです。

 

では!