4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

100%の物件を探してませんか?マンションには青い鳥はいないというお話

f:id:haruru1019:20180201225447j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。
今回は「失敗しないマンションの選び方」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事などもご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.to 

 

 

こんにちは! 晴(ハル)です。

新築マンションを販売していた営業の時のお話です。

 

私がマンションのモデルルームや実際の建物の中で、お客様を接客・案内する際、心掛けていたことです。

それは、物件の「良いところ」ばかりではなく、「悪いところ」も、正直にお伝えすることでした。

「えっ悪いところも話しちゃうの?」とお思いの方もいらしゃると思いますが、その理由は2つほどあります。

購入をお考えのお客様は、本気で検討すれば、するほど真剣です。

どんなに隠しても、結局「物件のデメリット」は、気づいてしまうものなので、正直にお伝えしてしまった方が、お互いに無駄な時間を費やすことがないからです。

 

また、もうひとつは、マンションの価値のとらえ方には、多様性があり、感じ方は人それぞれで、ひとには「欠点」であっても、人によっては「利点・長所」となる場合があるからです。

本日は、マンション価値の多様性について「100%の物件は存在しない?マンションでは青い鳥を探さないように」の記事を紹介します。

 

 100%のマンションが存在しない理由

住宅は一生に一度の買い物ですので、最も良い物件を購入したいと思うものですよね。でも、残念ながら、マンションには100%の物件は存在しません。

立地、利便性、住環境、広さ、間取り、設備、そして価格、全てがそろう物件は理論上存在しません。また、購入する方のマンションに対する重視するポイントは、人それぞれであり、人が感じるマンションの価値はそれぞれだからです。

 

物件の価値は人それぞれ

例えば、駅からの距離に関して言えば、一般的には「駅近〇>駅遠い✕」となりますが、静かな住環境を求めるご家族にとっては、
「駅近(繁華街でうるさい)✕>駅遠い(郊外で静かな環境)〇」となります。

また、同じように防犯・治安を重視するご家族であっても、ある人は「駅近(繁華街で人通りが多く安全)〇>駅遠い(郊外で人通りがなく危ない)✕」となっても、ある人にとっては「駅近(不特定多数が集まり危険)✕>駅遠い(郊外で、集まる人が限定されるので安心)✕」と考える人もいます。

同じマンションであっても、見る人によって、その物件の価値が変わってしまうのです。

 

f:id:haruru1019:20180201230029j:plain

f:id:haruru1019:20180201225540j:plain

f:id:haruru1019:20180201225639j:plain

 

ライフスタイルに合わない物件を選ぶ不幸

上記で、マンションの価値のとらえ方について書きましたが、ご家族に会ったマンションを選ぶことは、最も大切な選択ポイントです。

反対に、ご自身のライフスタイルに合わない物件を購入してしまった方は不幸です。

私の知っているお話をしますと、静かな環境を求めて、高齢のご夫婦があるマンションを選びました。でも、選ばれたマンションは、近所でも大変人気のある校区で、しかも小学校徒歩4分、中学校徒歩2分という立地だったこともあり、子育て真っ最中の若いファミリー層が、多く入居されました。

結果、ご高齢のご夫婦は、子供がたてる音はもちろん、エントランスに響く子供の笑い声でさえ、気になりだし、苦情を言い始め、マンションでも浮いた存在になってしまったのです。

ご高齢のご夫婦は、もっと閑静な高級住宅地か同じ年齢層の多い築年数の古い中古マンションを選ぶべきなのでした。

f:id:haruru1019:20180201225607j:plain

 

外せない客観的な資産価値

さて、ライフスタイルに合った物件を選ぶことは重要ですが、マンションが不動産資産である以上、ある程度、客観的な資産価値も考慮に入れてください。

ライフスタイルに合わない物件を選べとまでは言いませんが、将来、中古で売却、賃貸を募集しても困らない物件を選ぶべきです。
転勤や転職、ライフスタイルの変化は誰にでも起こりえるものですから

 

最後の一言

 本日は、マンション価値の多様性について「失敗しないマンションの選び方!100%の物件は、日本中探しても存在しません」の記事を紹介しました。

マンションの価値の捉え方はそれぞれですが、以下の順番に検討しても良いでしょう。
1.自分たち家族の「ライフスタイル」に合う
2.将来の「終の住まい」としても暮らせる
3.「不動産資産」として困らない

 

では!

 

 

  

インテリアブログランキングに参加中です。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチ』と願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

 

LIMIAさんで執筆を始めました。

↓よろしければ、ぜひ、ご覧ください。