4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

失敗しない中古マンションの選び方!騒音問題を回避する方法

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「失敗しないマンションの選び方」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

 

www.haruru.top

www.haruru.top

 

f:id:haruru1019:20171031132733j:plain

 

こんにちは。晴です。

最近は、多くの方にマンションのイノベーション(全部屋リフォーム)が認知され、古い中古マンションも人気がでていますが、新築マンションと古い中古マンションには大きな違いがあります。

構造の差?

セキュリティーの差?

マンション設備の差?

色々あると思いますが、最も差が大きいのは『住んでいる方の世代の差』です。

本日は、マンション内でのトラブルを回避する方法、「失敗しない中古マンションの選び方!騒音問題を回避する方法」の記事をご紹介します。 

 

 

 

 

「トラブルの大部分は騒音問題」

マンショントラブルのほとんどは、上下階の『音』が原因です。

この音の問題は、「訴訟」にまで発展してしまったり、裁判にまでならなくても、どちらかが、引っ越さなければならなくなる程、揉めてしまうケースもあります。

せっかく購入した我が家を引っ越さなければならなくなっては、経済的にも精神的にも大きな負担ですよね。

 

「マンションの音は響くもの」

明らかな『騒音』は別として、マンションが、コンクリートの柱がつながっている構造である以上、普通に生活をしてても、下階住戸に響くものです。

でも、それを「騒音」ととるか「生活音」ととるかは、それぞれの感じ方によるものです。また、その感じ方は、世代・生活様式によって大きな違いがあり、特に中古マンションの購入を考える際、注意するべきポイントです。

 

f:id:haruru1019:20171031132759j:plain


「世代で違う音の感じ方」

マンションには様々な年齢・家族構成・職業の方々住まう集合住宅ですが、大きく分けて3つの世代に分けることができます。

今回は、マンションの築年数別に世代を分けてみました。
 

①子育て世代のマンション

新築マンション:一般的に30歳台~40歳台のまだ小さい子供がいるご家庭が多く集まります。もし、あなたがその世代であれば、『同じような家族が集まっている』と考えても良いと思います。

・ 音発生度「大」・音敏感度「小」

 

②子育てが落ち着いた世代のマンション

築20年のマンション:新築当時①の「子育て世代」も、50~60歳台になっています。

中古で購入されたり、賃貸で借りられたりと子育て世代も増え始めていますが、子育てはひと段落してますが、まだまだ、仕事に忙しい世代が多いマンションです。
 ・ 音発生度「中」・音敏感度「中」

 

高齢者世代のマンション

築30年以上のマンション:新築当時①「子育て世代」も、60~70歳台になっています。

中古で購入されたり、賃貸で借りられたりと子育て世代も増えていますが、子供は独立し、仕事も定年になったため、時間に余裕のある世代が多いマンションです。
  ・ 音発生度「小」・音敏感度「大」

 

f:id:haruru1019:20170518124817j:plain


「最も音を出す①子育て世帯」

マンションの3つの世代の中で、最も音を出すのは、もちろん『①子育て世代』です。

小さな子供は、部屋の中を走ったり、足音を立てたり、四六時中、音を出します。
それに比べ、『②子育てが落ち着いた世代』から『③高齢者世代』になれば、なるほど、音を出さなくなります。

特に『③の高齢者世代』は、一日中家にいることも多く、就寝時間も早いので、音に過敏になりがちです。

上下階が、子育て世代同士であれば、子供の出す音も、お互い様となるところですが、①③の上下の組み合わせではそうはいきません。

この組み合わせが、騒音のトラブルに発展するケースが多いです。

 

「中古マンション購入の注意点」

新築マンションを購入する場合『①子育て世代』のご家族が多くお住まいですが、中古マンションでは、世代間ギャップをある程度覚悟していく必要があります。

自分たちが『①子育て世代』の場合、古いマンションになれば、なるほど、『③高齢者世代』の方が多いマンションとなりますので、世代間ギャップが広がると思ってください。

また、反対に『③高齢者世代』の方が、新築マンションを購入・引っ越した場合も、同じことが言えますので、ご注意ください。

 

f:id:haruru1019:20170604134957j:plain

 

「世代ギャップをうめる方法」

この音に対する世代間ギャップをうめる方法はひとつだけです。

中古マンション購入に限らず、賃貸での入居でも言えることですが、最も大切なのは、引越し直後に、すぐ『ご挨拶』にお伺いすることです。

できれば、家族そろって、ご挨拶にお伺い、奥様だけでなく、ご主人様にも、しっかりと、ご挨拶しましょう。

『気を付けて、部屋をつかいますので』という一言の配慮と『お互いの顔を見せ合うこと』で、下の階の方の音に対する受け取り方、感じ方は違ってくるはずです。

 また、この訪問で、下階の住戸にお住まいの方の年齢や玄関の設えからある程度の暮らし方も想像できますので、しっかりとご挨拶にお伺いしてください。

 

「最後に一言」

もっともマンション生活でトラブルの多い「騒音問題」について記事を書きました。

私も、6年程、マンション管理の仕事をしておりますので、「音」の問題は、いくつも経験しております。

今回は、一般的な騒音対策について書きましたが、中には「モンスター」と呼べるような方もいらしゃいます。

次回は、そのような「モンスター」を避ける方法についても、記事を書こうかと思っています。

 

では!!

 

www.haruru.top

 

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければ、「ボッチ」とお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村