4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

方位学?環境学?風水は、どちらでも快適に過ごせる知恵です

f:id:haruru1019:20170924005621j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴(ハル)です。

僕は、一般の男性よりも、占いや血液型、風水なども好きで、本なども、よく見ている方だと思います。

我が家でも、「風水を取り入れている」とまでは、いかないですが、一般的に知られているくらいの風水を、気が向く程度、楽しむ程度、参考にしています。

本日は『方位学?環境学?風水は、どちらでも快適に過ごせる知恵です』の記事を、ご紹介します。 

 

  

「僕は、占いは信じています」

全く、個人的な考えで恐縮ですが、僕は『占い』の類を、信じています。

でも、盲目的に何でも信じるのではなく、その占う人の実力(知識レベル)によるものだとも思ってもいますし、それを判断するのも難しいとも割り切っています。

だって、スポーツに例えると、草野球の補欠レベルの選手も、イチローのような大選手も同じ野球選手と言えば、野球選手なのですから!

 

 「風水でつくる玄関のインテリア」

我が家では、風水の考えを下に、玄関のインテリアをつくっています。

と言っても本格的なものではなく、前文に書いたように、一般的に言われているセオリーくらいの設えですが・・・。

ちなみに、玄関風水セオリーは

・物はできるだけ置かない。

・玄関マットは敷かない。

ドライフラワーは飾らない。

・観葉植物はグッド!

・鏡を飾ると運気が上がる。

(正反対に運気を下げるとの考え方も有)

・靴を出しっぱなしにしない。

・靴を靴箱に余裕を持ってしまう。

といったところでしょうか?

f:id:haruru1019:20170924010000j:plain

■我が家の玄関。

f:id:haruru1019:20170924010051j:plain

■我が家の玄関。玄関の左に鏡を飾ると「財運」が上昇すると言われていますので、大きめの鏡を飾っています。

なお、玄関に鏡を置くことは運気が下がるとの全く反対の考え方もあるようですが、外出時の姿見に便利なので、その見解は気にせず、玄関に置いています。

また、フェイクでない植栽は、どの部屋でも運気を上げてくれる重要アイテムとのことですが、それとは関係なく、好きなので、植栽を玄関に飾っています。 

www.haruru.top

 

「風水は方位学?環境学?」

基本的には、占いは、蓄積された知識を統計によって洗練させていく学問だと思ってますが、風水はどうでしょうか?

風水は、中国から伝わった「運気を上げる」ひとつの手段ですが、部屋の方位や物を置く位置によって、運気が左右されると言われる学問です。

部屋の方位を占うことから、方位学(良い時期に適正な方角に進んだり、行事を行うことで、運気を上げる占い九星気学等が有名)とも似ていますが、どちらかと言うと、環境を整えることにより、運気をあげるという「環境学」と言えるでしょう。

昔は、冷蔵庫などで食べ物を保存できず、それほど衛生的でない水やトイレを使っていた生活では、方位によって、台所やトイレの位置を決めるのは、病気のことを考えると、当然のことでしょう。

 

「風水の考え方を取り入れると、快適に過ごせます」

風水を環境学と考えると、環境を整えることにより、住んでいる家族のストレスをなくし、運気ややる気を上昇させる効果があると言えるでしょう。

なお、風水には、細かいルールや考え方はあると思いますが、主には「整理整頓」「清掃除」「部屋の相性」といったところがポイントではないでしょうか?

・「整理整頓」モノをため込まない。

・「掃除」清潔な空間をつくる。

・「部屋の役割」部屋によって、明確な用途があり、置いていい物が決まっている。

f:id:haruru1019:20170919020155j:plain

■風水の考え方は、とにかく「整理整頓」「掃除」が重要なのです。

 

「部屋の役割って考え方に共感します」

 部屋にはそれぞれの役割があり、置いても良いものとそうでないものが風水にはあります。

例えば、身体を休める寝室には、TVなどの『電化製品』は運気を下げると言われていますし、玄関に『ダンボール』などを置きっぱなしにするのも良くありません。

細かくは気にしませんが、それぞれの部屋には役割があり、その部屋の用途を最大限に発揮させるという風水の考え方は、快適な住まいづくりとの観点から、僕は勝手に共感しています。

 

 「最後に一言」

現在、風水は中国ではなく、台湾が主流であると言われています。

家の間取りはもちろん、都市の整備計画の原案にさえ取り入れられるそうですので、なんとなく、ラッキーカラーやアイテムを連呼する印象がある薄っぺらい印象のある日本風水ではなく、一度本場の学術を勉強してみたい気がします。

まあ、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ですよね。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村