4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

狭い子供部屋を広くするロフトベッド!上手に空間を利用できる家具アイテムです

f:id:haruru1019:20170905000951j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴(ハル)です。

皆さんの子供部屋には、ベッドを置いてますか?

我が家は、3LDKなので、兄弟相部屋に、長女さん(小3)用の『ロフトベッド』と長男さん(幼稚園年長)用の『ローベッド』を置いています。

 本日は『狭い子供部屋を広くするロフトベッド!空間を上手に利用できる家具アイテムです』の記事を、ご紹介します。

 

「子供部屋には、ロフトベッドを置いてます」

我が家では、元々、長女さんがつかっていたベッド(かなり低い位置にベッドがあるロータイプベッド)を持っており、とても気に入っていたベッドでしたので、兄弟相部屋にした時、2段ベッドなどに買い替える気はありませんでした。

そこで、ローベッドの上に、ロフトベッドをクロスして置く配置を考えました。

f:id:haruru1019:20170904234952j:plain

■かなり低い位置にベッドがあるロータイプ

f:id:haruru1019:20170904230505j:plain ■我が家のロフトベッド(長女さん用)とローベッド(長男さん用)をクロスさせて置いてます。

 

www.haruru.top

 

「ロフトベッドとは?」

「ロフトベッド」とは、上記の写真のように、ベッド部分が高い位置にあり、その下が勉強机やソファ、ハンガースペースなどになっており、ベッドにあがるための梯子や階段などがついている特殊なベッドです。

ロフトベッドは、空間を上手く利用できますので、狭い部屋にとっては、大変有効なアイテムなのですが、種類も色々なタイプがあります。

①ハイベッドの下は、そのまま空きスペースになっているタイプ

②専用の勉強机が備え付けられているタイプ

③収納やハンガーが備えてけられているタイプ

f:id:haruru1019:20170903120500j:plain

■我が家に置いているロフトベッドは「①ハイベッドの下は、そのまま空きスペースになっているタイプ」(長女さん付き)

 

「ロフトベッドの空間利用」

ロフトベッドは、狭い部屋では、高さを、利用することができるアイテムです。

我が家に置いているロフトベッドは、①のハイベッドの下は、そのまま空きスペースになっているタイプですが、我が家のベッド下の空間『72㎝(高)✖1m10㎝(幅)✖2m10㎝(長)』は、ベッドと収納スペースとなっています。

 ちなみに、収納スペースには「世界の名作絵本シリーズ」と「おもちゃ箱2箱」を収納してます。

f:id:haruru1019:20161022115811j:plain

f:id:haruru1019:20170905001105j:plain

■ロフトベッドの下のスペース

 

「ハイベッドの注意するポイントは高さです。」

ハイベッドには、大人用もありますが、ベッドを購入する際、注意しなければならないのは、その高さです。ベッドの位置が高くなれば、収納量が増え、使い勝手も良くなりますが、ベッドとしては、使いづらくなります。

我が家のロフトベッドの高さ・サイズは、高さ1m10㎝(ベッド下端から床まで72㎝)、幅1m10cm、長さ2m10㎝ですが、当初、もうちょっとベッド位置の高いロフトベッドをとも考えていました。

でも、子供用であることを考え、現在のベッドを選びましたが、これ位の高さで、安全面・機能面からも、ちょうど良かったです。

f:id:haruru1019:20170904235144j:plain

 

「最後に一言」

 ウチの長女さんは、「おままごと」や「ごっこ遊び」が大好きです。

子分である弟と一緒に、このベッドの上で、「ホテルごっこ」や「レストランごっこ」「秘密基地ごっこ」を繰り広げています。

ベッドに高低差があるので、登ったり、下ったりして、子供たちにとっては、格好の遊び場にもなるベッドのようです。

 

では!!

 

  

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村