4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

狭い子供部屋を広くするロフトベッド!上手に空間を利用できる家具アイテムです

f:id:haruru1019:20180107202638j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

 

www.haruru.top

www.haruru.top

 

 

 

こんにちは!  晴(ハル)です。

皆さんの子供部屋には、どんなベッドを置いてますか?

我が家では、3LDKのため、子供部屋は、兄弟相部屋ですので、長女さんと長男さん用のベッドを2つ置いています。

本日は『狭い子供部屋を広くするロフトベッド!空間を上手に利用できる家具アイテムです』の記事を、ご紹介します。

 

「子供部屋に、ロフトベッド」

我が家では、元々、かなり高さが低いベッド(長女さん用)を持っていました。

気に入っていたベッドという事もあり、兄弟相部屋にした時も、2段ベッドなどに買い替えるつもりはなく、新しいベッドを買いました。

 色々悩んで、選んだのはロフトベッドです。

そして、購入したロフトベッドの下に、今までのベッドを、クロスして置くレイアウトにしました。

f:id:haruru1019:20180107202727j:plain

■今までの使っていたローベッドです。

f:id:haruru1019:20170904230505j:plain ■我が家のロフトベッド(長女さん用)とローベッド(長男さん用)をクロスさせて置いてます。

f:id:haruru1019:20180107202220j:plain

■ロフトベッドは長女さん用となり、はしごで登ります。 

 

www.haruru.top

 

「ロフトベッドとは?」

ロフトベッドとは、ベッド部分が高い位置にあり、その下が勉強机やハンガースペースなどになっている特殊なベッドです。

梯子や階段などがついており、登って使います。

また、特徴は、空間を上手く利用できますので、狭い部屋にとっては、大変有効なアイテムなのです。

 

f:id:haruru1019:20170903120500j:plain

■我が家に置いているロフトベッドは、ベッドの下は、そのまま空きスペースになっているタイプです。(写真は長女さん付き)

 

「ロフトベッドは、空間を上手に利用できる」

ロフトベッドは、狭い部屋では、高さを、利用することができるアイテムです。

我が家では、ベッドの下が、そのまま空きスペースになっているタイプですので、ベッド下の空間は、子供たちの収納スペースとなっています。

ちなみに、下の空きスペースには、大量の本(世界の名作絵本シリーズ)とおもちゃを収納しているクリアケース2箱を、置いています。

 

f:id:haruru1019:20161022115811j:plain

f:id:haruru1019:20170905001105j:plain

■ロフトベッドの下のスペース

 

「ロフトベッドの注意ポイントは高さ」

ロフトベッドには、大人用もありますが、ベッドを選ぶ際、注意しなければならないのは、その高さです。ベッドの位置が高くなれば、収納量が増え、使い勝手も向上しますが、ベッドとしては、使いづらくなります。

 我が家のロフトベッドは、以下の通りですが、当初、もうちょっとベッド位置の高いロフトベッドをとも考えていました。

使ってみた感想ですが、この位の高さで良かったので、サイズを参考にして下さい。

項 目  サイズ
ベッドの高さ 1m10㎝
下端から床までの高さ   72㎝
ベッドの幅 1m10cm
ベッドの長さ 2m10cm

 

f:id:haruru1019:20180107212029j:plain ■ハイベッドは、あまり高すぎると、子供がハシゴを上り下りする時に、危ないですし、お布団の上げ下ろしやベッドメイキングも簡単に出来なくなります。ベッド下の高さは70㎝程度)が最適です。

 

「最後に一言」

 ウチの長女さんは、まだまだ、「ごっこ遊び」が大好きです。

手下である弟と一緒に、このベッドの上で、「ホテルごっこ」や「秘密基地ごっこ」を繰り広げています。

ベッドの高低差は、子供たちにとっは、格好の遊び場にもなるようです。

 

では!!

 

 

 

 インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村