4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「家で遊ぶ!夏休みの子供が退屈し出したら、ベランダで遊ぼう」

f:id:haruru1019:20170603224435j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴です。

いつの間にか「夏休み」に入ってしまいましたが、子供は大喜び、奥さんたちは、憂鬱になっているのでは、ないでしょうか?

我が家でも子供たちの「ひまー。ひまー。遊んでー!」の兄弟大合唱です。

本日は「家で遊ぶ!夏休みの子供が退屈し出したら、ベランダで遊ぼう」の記事をご紹介します。

 

 

 

「とりあえずベランダで遊ぼう」

ある休日、僕は、朝から退屈そうにしていた長男さんの「ひま。ひま。遊んでー」コールに負けて、遊ぶことになりました。

ただ、午後から出かけないといけなかったので、公園などに行く時間はなく、我が家で遊ぶことにしました。

体育会系の長男を満足させるには、外で運動させることなので、今回、夏という事もあり、準備したのは、全く飛ばない幼児用の「水鉄砲」。

ベランダに、特製ステージをつくって、ごく小規模な「親子対抗水鉄砲大会」を急きょ、開催することにしました。

あっ長女さんも、水鉄砲大会に、くいついてきた・・・。

 

※我が家のバルコニー紹介⇒

www.haruru.top

 

「迷惑をかけないよう細心の注意を払う」

ただ、我が家はマンション住いですので、周りに迷惑をかけられません。

細心の注意を払いながら、以下を準備してみました。

・水鉄砲は幼稚園児用の全く飛距離のでないものをセレクト。

・外に水がこぼれないように、背の高い植栽をベランダの外側に置きガード。

・万一、水がこぼれた場合を考え、下の階に布団などを干していないか確認。

・我が家の階下は、進入禁止のエリアなので、迷惑はかけません。

・子どもの声が迷惑にならないように時間は5分だけ。

 

「特製ステージを作成」

親子対抗水鉄砲大会のため、背の高い植栽を外側に置いてガードし、また、ベランダにおいてある机や黒板で、それぞれの陣地をつくりました。

そして、飛ばない水鉄砲を使うと、当然、お互いの距離が近くなるので、水をガードする盾「バケツのフタ(IKEA製)」と「収納箱のフタ(ダイソー製)」を、兄弟それぞれ持たせ、競技がスタートです。

f:id:haruru1019:20170721210755j:plain

■兄弟で作戦会議を始める兄弟。外側には背の高い植栽を並べ、万一のためのガードに。

f:id:haruru1019:20170721210440j:plain

■水をガードする盾をもって!さあスタートです。 あっまだ早いよ。

 

「いつもと違う、非日常は楽しい」

では!

子どもたちの笑い声とともに、僕VS子供たちの水鉄砲大会がスタートです。 

f:id:haruru1019:20170721212039j:plain

■お互いの陣地から、水鉄砲大会スタートです。手前が僕。

f:id:haruru1019:20170721212110j:plain

■僕の水鉄砲をフタの盾でガードする長男さん(5歳)。

f:id:haruru1019:20170721212148j:plain

 ■バケツのフタを盾に、じりじり、近づいてくる長女さん(8歳)

f:id:haruru1019:20170721212208j:plain

■最後は超至近距離での打ち合いです。これだけ近いとお互い水濡れです。

結果は、僕の負けということになりました

 

「最後に一言」

本日は、 ベランダで遊んだお話ですが、僕が、なんとか子供たちが最も好きな公園に連れていかれないようにと考えたイベントです。(僕は超インドア)

また、ウチはマンションなので、水鉄砲は、飛距離の出ない、子供だましの物を使い、外に水がこぼれないよう細心の注意も払いました。

時間にして、5~10分位でしたが、子どもたちとっては、満足したひとときのようでした 

では!!

 

※非日常を楽しも⇒

www.haruru.top

www.haruru.top 

 

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

 ■最後は長女さんVS長男さんです。