4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

普通のマンションを、モデルルームに変える照明の演出方法

f:id:haruru1019:20170705232212j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

皆さんも、お気に入りの小物や絵を、お部屋に飾っていると思いますが、ひと工夫して、照明の明かりをスポットライトのように当てると、更に素敵なインテリア・お部屋を演出できます。

でも、一般的なマンションや一戸建ての間取りでは、天井の真ん中あたりにシーリングと呼ばれる照明用の接続部品が一個付いているだけで、特別な工事しない限り、スポットライトをたくさん設置することはできません。

今回は、特別な工事がなくても、より良くインテリアを演出できる照明について、ご紹介します。

「普通のマンションをモデルルームに変える照明の演出方法」の記事ご覧ください。

f:id:haruru1019:20170703221249j:plain

■リビングの備え付けのデスクのルームランプを新調しました。

 

 

 

「モデルルームやお店のインテリアが素敵な理由」

住宅のモデルルームやインテリア雑誌に出てくるようなお部屋は、とても素敵です。

部屋を素敵に演出する方法は、いくつかありますが、最も効果的な方法は、照明にこだわることです。具体的には、埋め込みのダウンライトなどを多用して、インテリアや商品のそれぞれにスポットライトを当てて、部屋やお店を演出するのです。

このスポットで部屋のインテリアを良く見せる手法は、作品をより良く見せなければならない美術館でも、よく使われており、天井をよーく見てみると、必ずスポットライトが取り付けられています。

 

「1ヵ所のみのシーリングが一般的です」

一般的なマンションや一戸建ての間取りでは、モデルルームや店舗とは違って、天井の真ん中あたりにシーリングと呼ばれる照明の接続部品が、一個付いているだけで、特別に電気工事をしない限り、スポットライトなどをたくさん付けることはできません。

つまり、基本的に、ひと部屋に一個しか照明は付けられないのです。

注文住宅の設計段階だったり、マンションでも間取りや仕様を変えられる時期であれば、配線を増やし、スポットライトを多用することは、簡単に出来ますが、完成してしまった部屋は、この照明の為だけにリフォームするのは、大変ですし、現実的でないですよね。

 

「シリング一箇所だけでも、部屋をお洒落に演出する方法」

一般的な間取・設備、 シリング一箇所だけでも、部屋をお洒落に演出する方法は、「ダクトレール」を使用することです。

「ダクトレール」は、大型の家電量販店でも売っていますし、設置も、シーリングにはめ込むだけで、とても簡単です。

我が家では、リビングの飾り棚に、光を当てて演出したかったので、照明器具を「ダクトレール」と「スポットライト×3」 に変え、床だけでなく、壁も照らすようにしています。

f:id:haruru1019:20160928074233j:plain

■我が家のリビングもシーリング一個のみですので、照明器具は「ダクトレール」を使用しています。

f:id:haruru1019:20170705224452j:plain

■ダクトレールは、いくつもの照明器具・スポットライトを付けられ、いつでも増やせるのも魅力です。

f:id:haruru1019:20170705224333j:plain

■我が家のリビング。ダクトレール付けた3つのスポットライトは、「床」「絵」「飾り棚」をそれぞれ照らします。

f:id:haruru1019:20170705224615j:plain

■壁に並べたお気に入りの雑誌や小物をスポットライトで演出しています。

 

 「ルームランプとインテリア」

また、並べたインテリア小物に、照明器具を置いて、演出するのも効果的です。

我が家では、飾り棚やデスクにちょっとした「スポットライト」「ルームランプ」の照明を置いていますが、決して高価な照明でなくても、その温かみのある光が、より良くお部屋演出してくれます。

f:id:haruru1019:20170705231017j:plain

■飾り棚に置いた、小さなルームランプで、並べた小物や壁掛けの絵をより良く照らします。

f:id:haruru1019:20170705230944j:plain

 ■デスクのスポットライト。長女さんの勉強時につかう以外にも、部屋を暗くしてインテリア照明としても使います。

 

「最後一言」

僕は、住宅の設計もしていましたので、照明が部屋の印象の良し悪しに、大きく左右することを実感しています。

乱暴な話ですが、整理整頓された広い部屋に、白い壁を照らすようにダウンライトが設置していけば、それだけで、ほぼ100点のインテリアになります。

でも、残念ながら、ほとんどの部屋は、照明の配置・種類を選べるケースは少なく、既存のシーリングが一個付いているだけです。

今回は通常の間取りの照明を、より良く演出するお話を僕なりに書いたつもりですので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします.