4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「冷蔵庫の整理方法!朝のひと手間がなくなり、賞味期限切れも防ぐカゴ収納」

f:id:haruru1019:20170617014442j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

皆さん、冷蔵庫の食品の保管はどのようにしていますか?

僕もたまに料理をしますが、冷蔵庫の奥の方から、カビが生えてしまった食品や賞味期限の切れた食品などが、続々出てきてしまって、ぞっとした経験はあります。冷蔵庫は整理しないと、ついつい、取り置きしたことを忘れてしまします。

本日は「冷蔵庫の整理方法!朝のひと手間がなくなり、賞味期限切れも防ぐカゴ収納」をご紹介します。

f:id:haruru1019:20170617101912j:plain

 

 

  

「冷蔵庫の整理方法」

我が家の冷蔵庫の収納・整理のポイントは、2つあります。

1つ目は、冷蔵庫の上棚には、長期間、保存が効くものを置くようにし、取りやすい下棚は、余り保存の効かないものを置くようにしています。

また、2つの目ポイントとしては、それぞれの仲間を集めて、「カゴ」で食品等を保管している点です。取っ手の付いたカゴを使うと、整理しやすいのはもちろん、取りだしやすいというメリットもありますので、お勧めです。

ちなみに、我が家の具体的なカゴの種類を、分類すると以下の3つです。

1.「朝食用のカゴ」

2.「利用頻度が低い調味料のカゴ」

3.「賞味期限が近いカゴ」

f:id:haruru1019:20170617034148j:plain 

 ■我が家の冷蔵庫。プラスチック製のカゴ(IKEA:VARIERA ボックス)で食品等を収納しています。

 

「1.朝食用のカゴは、忙しい朝を少し助けてくれます」

皆さん、朝は得意ですか?僕と奥さん、もちろん子供達も朝は、とても苦手で、少しでも寝ていたいものですが、出勤、登校の時間が決まっている以上、ゆっくりはできません。

我が家では、7時起床してから8時までには、出発しなければなりませんので、毎朝、奥さんの「早くしなさい」と、ボーとテレビを見ている子供達を叱る声が響き渡るリビング・ダイニングで、バタバタと朝食を取ったりや身支度をしています。

 

「パン食の我が家」 

僕の朝食は、コーヒーしか飲みませんが、子供達は、パン食です。

日替わりで、目玉焼きや野菜スープ、ヨーグルトが添えられますが、基本的には、トースターで焼いたパンをお皿にならべ、自分たちで、バターやジャムをパンに好きにぬって食べております。

f:id:haruru1019:20170617034341j:plain

f:id:haruru1019:20170617093135j:plain

■「朝食用のカゴ」:マーガリンやジャム、ピーナッツバターやそれを塗るスプーンがワンセットです。

IKEA:VARIERA ボックス(価格¥ 290)  持ち運びしやすいよう両側に手をかける穴があいており、食料品はもちろん、書類などの収納にも使えます。ふたがないので中身を確認しやすく、出し入れも簡単です。このIKEAのカゴが、お値打ちで使いやすいので、特にお勧めです。

 

「時短より、朝のひと手間が減るのが嬉しい」

パンを焼いて、冷蔵庫から、この「朝食用のカゴ」を出してあげたら、朝食の準備は完了です。

「朝食用のカゴ」には、マーガリン、ジャム、ピーナッツバター、ジャムを塗るスプーンなどをまとめていますが、これは、時間短縮が目的というよりも、朝の「手間」がひとつ減らすことが目的です。

冷蔵庫に入れてあるバターやジャムを探す手間は、微々たる時間ですが、朝の忙しい時間帯で、バターやジャムを冷蔵庫から探す手間、今日は「ジャム?ピーナッツバタ?」と子供達に聞く手間、それをそれぞれテーブルまで運んでいく手間等・・・、そういった「煩わしさ」も、ポンとカゴを置けば、省けるのはとても楽です。

また、朝食の片付けも、そのままカゴに集め、冷蔵庫に戻せば完了するので、手間がかからないのが嬉しいですよね。

f:id:haruru1019:20170617105152j:plain

■平日の朝食風景。食パンにジャムを塗る長男さん(5歳)。

f:id:haruru1019:20170617093833j:plain

 ■これは、平日とは違う「休日のゆったりとした朝食」風景です。

 

2.「利用頻度の低い2軍の調味料カゴ」

冷蔵庫の中には、食材のほかに、様々な調味料があると思いますが、マヨネーズやケチャップが良く使われる調味料の1軍だとすると、豆板醤やバジルペーストなど余り使わない2軍の調味料もあると思います。

我が家では、利用頻度は低い調味料は、整理のために、ひとつのカゴに集めて収納しています。 

f:id:haruru1019:20170617034244j:plain

■余り使用頻度の高くない調味料たちのカゴです。

 

3.「賞味期限が近いカゴ」

 基本的な冷蔵庫の配置としては、一番下の使いやすい場所には、賞味期限がある食品を収納しています。また、その中でも、袋を開封してしまった食品は、忘れてしまわないように、ひとつのカゴに集めて保管しています。

保存の効かないものを一箇所に集めることで、食品を腐らせたり、賞味期限を越えてしまわないように、気を配ることができます。

f:id:haruru1019:20170617034212j:plain

 ■冷蔵庫の一番下は、賞味期限のある食品、取り置きした料理等を保存します。

カゴの中の食品は、袋を開封してしまった食品たちです。

 

「最後の一言」

 本日は冷蔵庫の収納について記事を書きましたが、冷蔵庫が片付いていないと、ついつい、取り置きしたことを忘れてしましますよね。冷蔵庫も他の収納同様、仲間を集めることがポイントだと思いますが、我が家では、「朝用」、「利用頻度」、「賞味期限」の3つに分けて保管しています。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします.