4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「お金を掛けなくても、インテリアを豊かにするのは、ひと手間です」

f:id:haruru1019:20170604153203j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴(ハル)です。

本日は、「お金を掛けなくても大丈夫!インテリアを豊かにするのは、ひと手間です」の記事を紹介します。 

 

「豊かなインテリアの条件は?」

本ブログは、広さが限られた3LDKのマンションの「インテリア」を考えるブログですが、ある意味、テレビや雑誌で紹介されるような邸宅(主に自由設計の注文住宅や100㎡を優に超える広いマンション住戸等)ではなく、ごく一般的な間取りのマンションのインテリアが、より良くなる為のアイデアやライフスタイルを、ご紹介しています。

では、より良い、豊かなインテリアの条件って、なんでしょうか? 

大きな家を設計し、ハイブランドの家具やインテリアを揃え、最高の住まいを実現させる事でしょうか?それもある意味、ひとつの正解であり、大切なことですが僕は、日本の住まい・インテリアが向上するためには、お金を掛けなくても、インテリアを表現できることが、最も大切なことだと思っています。

以下に、豊かなインテリの条件をまとめてみましたが、今回は「3.生活にひと手間を加えること」を中心に記事を紹介します。

<豊かなインテリアの条件>

1.整理整頓された部屋である事

2.生活にひと手間を加える事

3.部屋には植栽を加える事

4.一定のインテリアの規律をもつ事

 

1.「整理整頓された部屋」

豊かなインテリアのもっとも基本的な条件は、部屋が片付いていることです。どんなにハイセンスな部屋も、整理整頓されていなければ、快適な空間には、程遠いからですが、これは当たりまえですよね。

 

2.「ひと手間が、インテリアを豊かにします」

正直、生活をするだけなら、インテリアの豊かさは、必要ありません。家に屋根があり、床があり、最低限の水回りと寝具さえあれば、生活には困りませんし、いつも見られる洋服とは違って、住まいに手をかけていなくても、お客様を招かない限り、恥ずかしい思いもすることもありません。

でも、整理整頓された心地よい空間は、僕たちの気持ちを、和ましてくれますし、お金をかけなくても、ひと手間掛けることで、より楽しませてくれるのが、インテリアです。

 

「例えば、ひと手間かけて、ガラス瓶を揃えてみる」

例えば、お茶やジュースを冷蔵庫に保管するだけなら、空いたペットボトルでも十分ですが、ひと手間加えて、ガラスの器に入れると彩も綺麗になります。

決して、高価なものでなくても、素材やデザインを揃えると、より豊かなインテリアが表現できるようになります。これがインテリアの力です。

f:id:haruru1019:20170604152752j:plain

■ガラス瓶でジュースを保管すると、インテリアは向上します。保存するなら、ペットボトルや紙パックのままでも良いでしょうが、ひと手間加えて、ガラス容器に入れ替えることが、楽しいです。

f:id:haruru1019:20170604234522j:plain

■調味料も袋のまま保管できますが、ひと手間加えて、揃いのガラス瓶等で保管すると、統一感もでて、整理もしやすいものです。

f:id:haruru1019:20170604234611j:plain

 ■奥さんのフラワーアートの材料を保管。ガラス瓶での保管ですので、中身も確認できます。

 

「例えば、ひと手間かけて、自然素材を拘ってみる」

例えば、ただプラスチック製の鉢を飾るのではなく、自然素材に拘ってみるのも面白いでしょう。僕のバルコニーのトマト栽培の鉢には、麻袋をカバーとして被せてますが、ただ鉢を飾るより、自然素材は優しいやさしいインテリアを演出してくれます。

f:id:haruru1019:20170610093513j:plain

■プラスチック製の鉢はお値打ちですが、少しデザイン的に安っぽいかも・・・。麻袋でカバーを被せれば、やさしいインテリアが演出できます。

f:id:haruru1019:20170610093628j:plain

f:id:haruru1019:20170610094132j:plain

■麻紐でトマトの茎を縛ります。

f:id:haruru1019:20170610093211j:plain

■自然素材のやさしいインテリアです。

 

3.「植栽は、インテリアでもっとも大切なアイテムです」

 植栽や花がなくても、生活には困りませんが、食卓に、寝室に、洗面台に、花が一輪あるだけで生活に潤いを与えてくれます。花の一輪であれば、100~200円でも購入できますし、僕の部屋の洗面室に飾っている一輪差しなどは、バルコニーの植栽をカットしたものを飾っているだけなのでお金もかかっていません。

f:id:haruru1019:20170604225959j:plain

■洗面室。バルコニーの植栽をカットしたものを飾っただけです。

f:id:haruru1019:20170604230906j:plain

■季節の植栽を飾ると、部屋が華やかになります。枝モノなんかは、好きでよく飾ります。

 

4.「一定のインテリアの規律を持つこと」

上記の記事でも触れましたが、ガラス瓶を揃えても、色も形もバラバラな物を揃えてしまっては、インテリアは良くなりません。

音楽であれば、一定のリズムを守ることで「曲」として成立しますが、リズムを守らない音は、ただの騒音となるように、インテリアも素材感、形を揃えてこそ、部屋には一定の規律が生まれ、部屋に調和が生まれます。

部屋に置く家具も、日常で使うアイテムも、値段にこだわらず、同質なもので揃えることが大切です。

 

「最後の一言」

 今回は、インテリアの条件について、お話しをしましたが、僕にも好みのインテリア、家具ブランドはあり、ショップ巡りをしていると、よく、部屋に飾った場面を妄想して楽しんでいます。

でも、例えば、一脚10万円以上するデザインの優れた椅子にこだわるだけが、インテリアではなく、お金を掛けなくても、ひと手間掛け、自分らしい規律と調和のこだわりを、部屋に持ち込むことが、より豊かなインテリアつくるコツです。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。