4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「リビングを広く見せる方法!こだわるべきは、背の低い家具よりレイアウトです」

f:id:haruru1019:20170514205714j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験からの「失敗しないマンションの選び方」「その他」のことを、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

皆さんのリビングの広さは、何畳ですか?狭いマンション暮らしでは、リビングを少しでも、広く見せたいものですよね。

今回は、「リビングを広く見せる方法!背の低い家具より、こだわるのはレイアウトです」について、まとめてみました。

 

 

 

「家具レイアウトの工夫は、背の低い家具を揃えるより、ずっと効果があります」

よく部屋を広く見せる工夫として、「背の低い家具を揃える方法」が、有名ですが、それより、家具のレイアウトにこだわる方が、ずっと効果があります。

日本のご家庭の一般的なリビングの家具配置は、壁にTV台を置いて、対面にソファーセットを置くレイアウトが多いと思いますが、このスタイルだとリビングの中心にソファーが置かれるようになります。

これが、最も部屋を狭く感じさせるレイアウトです。

f:id:haruru1019:20170517214645j:plain

■部屋を狭く感じさせるレイアウトの一例は「以前の我が家のリビング」です。TVを中心としたレイアウトなので、リビングの真ん中に、ソファが置かれていました。コンパクトなリビングなのに、大きなソファが、圧迫感を与え、動線も遮ってます。(2016年8月)

 

「リビングを広く見せる方法」

部屋を広く見せるポイントは2つです。   

1.「目線を遮らない。視覚的な抜けをつくる」

2.「スムーズな動線を確保する」

 リビングを広く見せるためには、最も大きい家具「ソファ」のレイアウトを変更して、「目線の確保」と「動線」を確保することが大切です。

f:id:haruru1019:20170517220240j:plain

■現在の我が家。TV中心のレイアウトはやめて、TVはダイニングテーブルで見るスタイルに変更しました。家具自体の背は高くなりましたが、動線もスムーズで、スッキリしました。

www.haruru.top

 

「リビングを広く感じさせるための家具のレイアウト」

リビングを広く感じさせる家具のレイアウトは、特に、ソファの置き方が重要です。

それは「ソファは、必ず壁につけて配置すること」です。

すると、ソファ自体の圧迫感もなくなり、動線も遮らなくなりますので、スッキリした印象を与えてくれます。下の写真は、ソファーを壁付けにしてますが、印象は、いかがですか?

f:id:haruru1019:20170114222712j:plain

  ■現在の我が家のリビング。同じソファーですが、壁につけて配置すると、視覚的にスッキリします。

f:id:haruru1019:20170114222818j:plain

 ■ソファーの背もたれも壁につけると圧迫感を与えません。

 

「最後に一言」

今回は、マンション暮らしの限られたリビングの広さで、より良い家具レイアウトを考えた結果です。TV中心のレイアウトを思い切って、辞めてみると、リビングを広く見せることができますので、一度家具のレイアウトを色々試してみても、面白いかもしれませんね。

 

では!!

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓ 他の方のインテリアを見たい方はポチッと願います。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村