4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

損をします!ついリビングのソファで寝ってしまう悪い習

f:id:haruru1019:20170513114146j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 

 

 

こんにちは!晴です。

最近「疲れ」が取れないと感じています。

理由は簡単です。

仕事の帰りも遅く、規則正しい生活ができていないからです。

深夜に帰宅し、朝も早く出社する生活リズム。

しかも仕事のことが頭から離れません。

ストレスです。

 

でも、一体何人の大人が規則正しいリズムで生活できているのでしょうか?

 

仕事や家庭の悩みも何もなく、ゆっくりぐっすりと・・・

なんて人は極少数な訳で、みんな毎日なにかしら忙しいのです。

 

僕のようにベッドまでたどり着けず、途中で力尽きてしまう方もいるでしょう。

生活の中で最も大切と言える睡眠が取れていないので、今回は「快適な眠り」について考えてみます。

 

ソファで寝てしまう悪い習慣

さて、我が家のリビングに置いているソファですが、大人2人位なら余裕で寝転がれるサイズです。

 

この「ソファ」が大問題です。

よく、僕が(最近は、奥さんもですが・・・)このソファで眠ってしまい、朝を迎えてしまいます。

 

でも、ソファで寝てしまうご主人さんって、結構多いと聞きますが、皆様のご家庭はいかがでしょうか?

 

ソファで寝てしまうデメリットはあっても、メリットはありません。

 ーソファで寝てしまうデメリットー

1.体の疲れが回復しない。

2.心の疲れもとれない。

3.家計に優しくない。

 

1.体の疲れが回復しない

ソファーで寝ると疲れません。

なぜなら、快適な睡眠には適度な寝返りが必要だからです。

当然、狭いソファの上では、十分にスペースが取れず寝返りがうてません。

また、落ちないように、無意識にバランスも取らなければならず、ある程度、緊張しながらの睡眠となります。

これでは、疲れは取れませんよね。

 

 2.心の疲れがとれない

部屋の電気やTVもつけたままで眠っていると、部屋の照明やテレビの音を無意識に取り込んでしまいます。

この環境では、浅い眠りである「レム睡眠」はできても、深い眠りの「ノンレム睡眠」に入ることはできません。

レム睡眠時は、脳自体は活動しているそうで、「心(脳)の疲れ」はとれないそうです。

 

3.家計にやさしくない

部屋の電気やTVもつけたままになります。

これでは、電気料金もかかり、家計にもやさしくありません。一晩中、照明とTVのつけているのは、もったいないし、エコではないですよね。

反省です。

f:id:haruru1019:20171210115409j:plain

f:id:haruru1019:20171009121138j:plain■子供たちが、ソファで寝ている風景をパシャリ。あっ起きてる。

 

ソファで寝てしまう理由

なぜ、ソファで寝てしまうのでしょうか?

僕の理由は2つです。

1つ目は、人より疲れやすい僕は、力尽きてソファで寝てしまいます。

特に仕事が遅くなった日などは、深夜の夕食を食べ終わり、ソファーに体を預けた瞬間、寝てしまうのです。

 

2つ目は「オンとオフの切り替えが上手くいっていない」からです。

やり残した仕事や早朝に出社しなければならない時など、「仕事の段取り」や「明日やらなければならない事」を何度も思い返してしまい、ぐすり眠ることを躊躇します。

ソファで何度も寝たり、起きたりを繰り返し、そのまま朝を迎えてしまうのです。

f:id:haruru1019:20170513195244j:plain

 

寝室で寝ること

寝室で寝ることは、身体の疲れをとるだけではありません。

身体を休めるととともに、心の疲れをリセットすることができます。

 

だからこそ、寝室は

「整理整頓された空間」であり

「肌触りのよいシーツや布団」を準備し

「埃が落ちていない清潔な部屋」

でなければならないのです。

 

日常の生活の場であるリビング・ダイニングから離れて、落ち着きのある空間(寝室)で、ゆっくり休むことが大切なのです。

僕のようにソファで寝てしまうと、日常の延長から抜け出せず、心も上手くリセットされませんからね。

f:id:haruru1019:20170503171209j:plain

 ■我が家の寝室。

 

www.haruru.top

 

最後に一言

 理想のライフスタイルは、仕事8時間、プライベート8時間、睡眠8時間と言われています。

睡眠は、人生の1/3を占めるほど、重要な時間です。

十分に心と身体を休めることができる「快適な睡眠」をとることが、平日の昼間、仕事もプライベートも頑張れる秘訣です。

 

では!!

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です

↓よろしければボッチとお願いします

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村