4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「損をしてます!ついリビングのソファで寝ってしまう悪い習慣」

f:id:haruru1019:20170514210750j:plain

こんにちは。晴です。

最近、疲れが取れないと感じるのですが、理由は簡単、夜遅く、規則正しい生活ができていないからです。

特に、快適な睡眠が取れておらず、改善していこうと思ってます。

本日は、「損をしてます!ついリビングのソファで眠ってしまう悪い習慣」の記事を紹介します。

f:id:haruru1019:20170513114146j:plain

■我が家のリビング

 

 

「つい、ソファで寝てしまう僕」

我が家のリビングに置いているソファは、大人2人くらいなら、眠れるサイズです。

今回はこの「ソファ」が問題です。

最近の我が家の問題は、僕が(最近は、奥さんもですが・・・)、ソファで朝まで眠ってしまい十分な睡眠をとれてないことです。

このように、ソファで寝てしまうご家庭は(特に、ご主人さんが・・・)、結構多いと思っていますが、いかがでしょうか?

ソファで寝てしまうことに、デメリットはあっても、メリットはありません。ちなみに、「ソファで寝てしまうデメリット」は以下の通りです。

「1.体の疲れが回復しない。」

「2.家計に優しくない。」

「3.心の疲れもとれない。」

 

「1.体の疲れが回復しない」

通常、睡眠には、寝返りが必要です。

ですから、ある程度、余裕があるスペースで寝なければなりませんが、狭いソファの上では、十分にスペースが取れず寝返りもうてません。

また、ソファで寝る場合、落ちないように、無意識に、バランスを取らなければならず、緊張しながらの睡眠となります。これでは、寝ても疲れは取れません。

 

「2.家計にやさしくない」

部屋の電気やTVもつけたままになりますので、電気料金もかかり、家計にやさしくありません。一晩中、照明とTVのつけているのは、もったいないし、エコではないですね。

 

「3.心の疲れもとれない」

部屋の電気やTVもつけたままでは、電気代がもったいないのはもちろんですが、何より、照明・TVの明かりや音が聞こえている環境では、浅い眠(レム睡眠)りはできても、深い眠り(ノンレム睡眠)にはつけません。

レム睡眠時は、脳は動いているので、心の疲れ(脳)もとれないのです。

 ベッドとソファでは、同じ睡眠時間でも、睡眠の質が、これだけ違いますので、僕は大きな損をしています。

f:id:haruru1019:20170513123143j:plain

■ソファで寝ている奥さん。パシャリ。

朝、一緒に寝ようと毛布に潜り込む子供達。ちなみに、子供たちはちゃんとベッドで寝ています。(奥さんは本ブログ2度目の登場ですが、こんな写真ですみません)

 

「やることがあるとベッドに行くのが怖い?」

なぜ、ソファで寝てしまうのでしょうか?理由は2つ。

1つ目は、比較的、人より疲れやすい僕は、その日が忙しいと、確実にソファで寝てしまいます。仕事が遅くなった日などは、深夜の夕食を食べ終わった瞬間、そのまま寝てしまうことが多いのです。

また、2つ目は、やり残した仕事や明日早く出社しなければならない時など、やるべきことが迫っていると、「仕事の段取り」や「明日やらなければならない事」を夜中考えているので、眠ること自体を躊躇します。

ですから、ソファで「仮眠」を取ろうと、横になり、何度も「寝たり」「起きたり」を繰り返しながら、そのまま朝を迎えてしまうケースもよくあります。

f:id:haruru1019:20170513195244j:plain

「寝室で寝ることは、心の疲れをリセットすることです」

寝室で寝ることは、身体の疲れをとるだけでは、ありません。

身体を休めるととともに、心の疲れをリセットすることができます。

だからこそ、寝室は、「整理整頓された家具・調度品」「整ったシーツや布団」「埃が落ちていない清潔な部屋」でなければならないのです。

日常の生活であるリビング・ダイニングから離れて、整理整頓された清潔な空間(部屋)で、ゆっくり眠ることが大切なのです。僕のようにソファで寝てしまうと、毎日の生活(日常)の延長から、気分が変わらず、心も上手くリセットされません。

f:id:haruru1019:20170503171209j:plain

 ■我が家の寝室。

 

www.haruru.top

 

「最後に一言」

 理想のライフスタイルは、仕事8時間、プライベート8時間、睡眠8時間と言われています。睡眠は、人生の1/3を占めるほど、重要な時間です。

十分に心と身体を休めることができる「快適な睡眠」をとることが、平日の昼間、仕事もプライベートも頑張れる秘訣です。

 

では!!

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村