4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「狭いマンション暮らしですが、私は好きです」

こんにちは。晴(ハル)です。

私の出身は、とても田舎でしたので、子供の頃、マンションと言う概念もありませんでした。でも、今は家族4人、マンションで暮らしています。

 本日は、少々、個人的なお話ですが、「狭いマンション暮らしですが、私は好きです」の記事をご紹介します。

f:id:haruru1019:20170322225421j:plain

 

 

 

「とても田舎に育った私」

私の出身は、高知県です。おそらく47都道府県の中でも、トップクラスの田舎で、マンションという概念もなく育ちました。田舎なので家といえば、「一軒家」が当たり前で、私の実家も、小さいながらも一戸建ての住まいでした。

f:id:haruru1019:20170503235645j:plain

「持ち家の感覚、田舎=一戸建て、都市=マンション」

誤解なく言っておきますが、これは、本当に私の個人的意見です。

田舎であれば、一戸建て、都市部中心地であれば、マンションが持ち家の一般的な認識ではないかと思っています。

田舎であれば、あるほど、土地も安く購入でき、一戸建てが建てられますが、都市部中心地ではそうはいきません。

私が住んでいる近所(政令指定都市)の土地単価は、坪当たり100万円で売買されており、土地面積50坪であれば、土地価格だけで5,000万円が必要です。ちなみに、田舎の兄が購入した土地は、坪単価20万円で、80坪の土地を購入しましたので、土地価格1,600万円でした。

 

「戸建てのメリットは田舎だからこそ発揮されます」

戸建てもメリットは、色々ありますが、私は「①プライバシーの高さ」「②間取りの自由度」「③部屋の広さ」だと思ってます。

特に②、⓷については、田舎になればなるほど、土地が安く購入できますので、メリットが発揮されますが、土地価格が高い都心中心部であれば、②③のメリットはなくなり、反対にマンションの方が、広く部屋が取れたり、住みやすい間取りだったりします。

土地価格が高い都市部中心地で、条件の悪い狭小敷地に、無理に戸建てをたてるのは、ナンセンスだとさえ思っております。

 

「マンションのメリットは、便利な街に住めることです」

マンションのメリットは、便利な街に住めることです。

首都圏の方は、住宅事情が他県の方とは大きく違いますので、別だと思いますが、ある程度の価格で、駅にも近く、買い物にも徒歩で行けるような便利な街に、住めることがマンションの魅力です。

簡単に言うと「車のないライフスタイル」が成り立つのが、マンションのメリットだと思っています。

f:id:haruru1019:20170503235703j:plain

「4人家族で住まいの広さは必要?」

私は、妻、長女(小3)、長男(幼稚園年長・5歳)の4人家族です。

私の両親は、「こんな狭い家に暮らすなんて」とは言っていましたが、私は全く気になりません。単世帯であれば、結局、みんなが集まるLDKがある程度広ければ十分だと思っています。それより、都市部中心部で住む方が、子供の視野と感覚を広げてくれますので、メリットが高いと思っております。

 

「最後のまとめ」

今回は、私のマンション暮らしの個人的意見をお話ししましたが、これは私の勤めている会社も大きく関係します。

基本的に、会社には車通勤は禁止であり、電車・バスの公共機関の利用が不可欠です。また、全国転勤がある会社ですので、転勤時には「貸しやすい家」を条件に考えた場合、マンション暮らしを選びました。

 

では!!

 

 

 

 

分譲マンションブログランキングに参加してます。

↓ ↓ 良かったら、ポッチと願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村