4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「心地よい部屋と大人の時間の過ごし方」

f:id:haruru1019:20170515004732j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験からの「失敗しないマンションの選び方」「その他」のことを、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です

最近ずーと仕事が忙しかったのですが、何カ月ぶりかの連休をいただき、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごしていました。

本日は、「心地よい部屋と大人の時間の過ごし方」について記事を書きます。

f:id:haruru1019:20170418233746j:plain

■本日は夜の部屋のお話です。

 

 

 

「深夜が、最も好きな時間です」

僕には、我が家で過ごす時間で、最も好きな時間があります。それは、休日の子供たちや奥さんが寝静まった深夜です。深夜の部屋で、わずかな間接照明だけをつけ、PCをいじったり、本を読んだりして「静かにな時間」を過ごします。

f:id:haruru1019:20170418225650j:plain

■深夜の我が家。最低限の照明だけをつけて過ごします。(リビング)

f:id:haruru1019:20170418225802j:plain

■和室の扉(襖)も全て閉めて、少し閉鎖的な部屋をつくります。

f:id:haruru1019:20170418225937j:plain

 ■主な照明を使わずに、ルームランプ(間接照明)だけで過ごします。(ダイニング)

 

「小さな達成感と整理整頓された空間」

また、僕の好きな時間は、全ての家事・片づけを終えることが条件です。

サラリーマンが、仕事帰りのビールが美味しいと感じるように、全ての家事を終わらせた後は、一日の仕事を終えた達成感と安堵感に包まれます。また、片付けや掃除も全て終わった後ですから、整理整頓された状態の部屋で、過ごせるのは、とても気持ちが良いですね。(スグ、子供たちに部屋を散らかされますが・・・、今はぐっすり就寝中です。)

 

 「照明が演出する大人の時間」

深夜は、子供たちもいない時間です。子供たちがいれば、できませんが、ルームランプなどの最低限の間接照明だけをつけ、暗い部屋で過ごします。ホテルの高級感を演出・・・とまではいきませんが、暗い部屋は、「静かさ」を楽しめる大人の時間ではないでしょうか。

f:id:haruru1019:20170419221440j:plain

 

 「最後に一言」

静かな空間を一人の時間を過ごすことは、家族をもっている者にとっては、とても贅沢なことだと思ってます。子供たちや奥さんや旦那さんにも気を遣う事もなく一人の時間を持つことは、男性、女性に関わらず、とっても大切なことだと思いますが、いかがでしょうか。

 

では!!

 

 

  

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村