4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

営業マンが教えるモデルルームの見学方法!図面だけではプランの全ては分からない

f:id:haruru1019:20161228104816j:plain

 

 

こんにちは! 晴です。

本日は「マンション営業が教える失敗しないモデルルームの見学方法!図面だけではプランの全ては分からない」の記事をご紹介します。 

 

図面だけでは分からない

マンションの販売図面には、様々な情報が載っています。

皆さんの想像以上に、寸法や部品等は正確に再現しているので、きっと参考になると思います。でも、

その中でも分かりずらい箇所があります。

その代表的なものは「高さの概念」「梁・柱のイメージ」「換気口・コンセントの位置・高さ」です。

その点は、実際の間取りを再現したモデルルームで確認すると良いでしょう。

 

天井の高さやドアの寸法・高さを確認

モデルルームの天井の「高さ」も正確に再現しております。

一般的なリビングの天井高は2m40㎝~2m50cm位ですが、天井が高ければ高い程、部屋を広く感じさせてくれます。

また、キッチンや部屋の廊下等は2m10cm~2m20cm位でしょうか。

なお、モデルルームに使用している扉は、実際のマンションに使うものを使用していますので、その高さも確認しましょう。

ドアの高さについても、高さが高い程、解放感がでます。

大切な確認ポイントです。

f:id:haruru1019:20170120000239j:plain

モデルルームでは柱・梁も再現

マンションには当然ですが、柱・梁があります。

間取り図面にも、梁や柱の載っていますが、イメージしずらいのでモデルルームで確認しましょう。

特に梁はよく確認しない部屋選びに失敗するケースもあります。

注意が必要です。

例えば、天井の高さは2m40㎝でも、30㎝の梁が出ていれば、床から梁下までの高さは2m10cmとなります。

壁には家具を置く場合が多いので、特に梁下の寸法には気を付けてください。

 

換気口やコンセントの位置だけでなく、高さもある

マンションの部屋には、必ず24時間換気用の換気口が設置されてます。

換気口は、絵を飾りたい場所や家具を置きたい場所にあると、邪魔になりますので位置と高さをよく確認しましょう。

また、コンセントの位置は、図面でも確認できますが、高さはモデルルームで確認しましょう。最近のコンセントは、床から30cm以上の高さに設置されていることが多く、これはコンセント接続の際にかがまなくても良いユニバーサルデザインを取り入れているマンションだという事です。

 

最後の一言

モデルルームでは、正確に天井の高さや梁の高さ、換気口やコンセントの高さも再現しております。

間取図面では、平面の位置は確認できますが、高さはイメージしづらいですから、モデルルームで確認ください。特にマンションが完成していない時や設計変更の時は何度もモデルルームを見学ください。