4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「住宅ローンを借金と考える人と投資と考える人」

こんにちは。晴(ハル)です。

マンション購入するときには、住宅ローンを借りることが一般的ですが、このローンを皆さんは借金と考えますか?投資と考えますか?

本日は、「住宅ローンを借金と考える人と資産の投資と考える人」の記事をご紹介します。

f:id:haruru1019:20170322225447j:plain

  

 

 

「私は住宅ローンを生活への投資だと考えます」

私は住宅ローンを投資と考えます。これは純粋な不動産投資をご紹介するお話ではなく、自分たちの生活への投資・備えだと考えてます。

私が生活の投資だと考える理由は以下の3つです。

1.賃貸でも、住居費は、かかるものです。なら・・・

2.ローンが支払い終われば、純粋な資産となる。

3.住宅ローンは団体信用生命保険が付いている。

 

f:id:haruru1019:20170322225359j:plain

「1.賃貸でも、住居費は、かかるものです。なら・・・」

「2.ローンが支払い終われば、純粋な資産です」

 当たり前のことですが、ローンを完済すれば、マンションは、貸しても良いし、売っても良い「純粋な資産」となります。

住宅ローンは、毎月、支払わなければなりませんが、住むところを確保しながら、自分の資産に投資していると思ってます。

上記の「住むところを確保しながら」という表現は、とても重要で、賃貸であれば、家賃という固定費を払い続けますが、自分の家であれば、住宅ローンという固定費は払わないとけないのは同じですが、将来の資産に貯蓄しているものだと思ってます。

 

 例えば、私のマンション購入のためのローン返済は月額約8万円・年間約96万円ほどですが、返済が進めば進むほど、自分の資産になります。

最終的に手に入る資産の金額は、ローン完済後のマンション中古売買可能価格なのでしょうが、賃貸であれば、家賃を月額8万円・年間96万円を支払っても、後には何にも残りません。

f:id:haruru1019:20170322225421j:plain

  「3.住宅ローンは団体信用生命保険が付いている」

また、住宅ローンには、団体信用生命保険が入っておりますので、万一、ローンの借主が亡くなった場合は、住宅ローンの残高がなくなり、家族に、住宅ローンの支払いが無いマンションが残せます。

私が亡くなった場合、奥さんや子供たちに家賃のかからない「住まい」を残せるのです。

 

「最後に一言」

以上の理由から、「住宅ローンは将来の自分たちの生活への投資である」と考える私は、毎年、年末になると、銀行から送られてくる残高証明書を見て、その1年間で返済が進んだ分を「貯金」をした気持ちになります。

すこし嬉しく、ちょっとだけ「にやり」としていますが、こんな考え方で住宅ローンを考えてみるのもおもしろいのではないでしょうか?

 

では!!