4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

狭い部屋を広く見せる方法!リビングを広く感じさせるカラー選び

 

f:id:haruru1019:20170214224651j:plain

 

 

 

こんにちは! 晴(ハル)です。
部屋を広く見せる方法は色々ありますが、今回は「部屋を広く見せる色」について、記事を書いてみました。

 

部屋を広く見せるカラーは、洋服では敬遠される色

さて、女性の方は、よくご存知だと思いますが、黒や濃紺などの濃い色の洋服は「収縮色」と呼ばれ、着ている人を痩せて見せることができます。また、反対に「膨張色」と呼ばれる白や淡い色は、太って見せてしまいます。

洋服では「膨張色」と言うと、良いイメージではないかと思いますが、部屋のカラーに関しては、部屋を広く見せる効果があります。

特に部屋の面積の大半を占める壁の色、床フローリングのカラーは、淡い色を選ぶと効果的でしょう。

 

コンパクトな我が家のインテリアの色は

さて、コンパクトな我が家の床フローリングの色は、淡いベージュ色でしたので、白い壁紙と併せて、部屋全体が、膨張色です。
さらに、ソファーやテーブルは、濃い色は避け、少しでも部屋を広く見せるように心掛けています。

狭い部屋が多い日本の住宅では、やはり白や淡い色を使ったインテリアが合うと思いますし、簡素なインテリアを好む日本人の感性には、ピッタリ合うのではないでしょうか?

f:id:haruru1019:20170119202131j:plain

■コンパクトな我が家は、基本的に白のソファー・淡い木調の家具を選んでます。

 

濃い色目の部屋を広く見せる方法

では、部屋の色目、特にフローリングや建具が濃い色であれば、どうしたら良いのでしょうか?
そのままのインテリアですと、部屋自体が狭く感じてしまいますので、カーテン、ソファーを淡い色で統一し、濃い色目のフローリングには、白や淡い色のラグマットを敷いて覆ってしまうのも効果的です。

でも、まあ、十分な部屋の広さがあれば、重厚感のあるインテリアを作ってみるのも素敵ですが・・・。

 

それぞれの色の特徴

白や淡い色は「部屋を広く」みせる効果がありますが、反面、インテリアは軽くなりがちです。また、黒や濃い色は「部屋を狭く」見せてしまいますが、「重厚感」や「高級感」を表現できる色です。

それぞれの色には、それぞれ特徴がありますので、好みで選んでください。

例えば、ハイグレードなホテルのロビーなどは、オーク色やウォールナット色等の濃い色目の調度品で統一され、重厚感のある家具やインテリアが上手くコーディネートされると、高級感を演出しています。

白・淡い色⇒「部屋を広く見せる」「インテリアが軽くなる」

黒・濃い色⇒「高級感・重量感が演出できる」「部屋が狭く見える」

 

最後に一言

今回、白や淡い色は部屋を広く見せるには、効果的とのお話しをしましたが、白や淡い色は、簡素・シンプルを基礎とする日本には合う色だと思います。色づかいで言えば、淡い色の部屋に、一輪の花を飾り、花自体を際立たせようとするインテリアが、日本の住宅文化ではないでしょうか?

また、対照的に、様々な色や素材を組み合わせて、重厚感のあるインテリアを演出するのが、ヨーロッパの住宅文化だと思ってますが、海外のインテリア本などを見ると、やはり素敵で、インテリア上級者だなーと、いつも感心しています。

 

では!!

 

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

 

f:id:haruru1019:20170215005051j:plain

■2月14日のバレンタインデーは、奥さんからチョコとコナコーヒーの豆をいただきました。僕は特にコーヒーにこだわりはありませんが、コナコーヒーだけは、特別で、とても好きなコーヒー豆です。奥さんに感謝です。