4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

少子化が続いても、不動産価格が下落しない理由

f:id:haruru1019:20170518124817j:plain

こんにちは! 晴(ハル)です。

本ブログでは、失敗しない分譲マンションの選び方について情報を、お伝えしております。

これからの日本は、子供が少なくなり、少子高齢化社会に向かってますので、マンション価格については、将来的には下がるだろうとお考えの方も多いと思いますが、いかがでしょうか?

私は、半分正解、半分不正解だと思ってます。

今回は、資金計画「少子高齢化が続いても、不動産価格が下落しない理由」ついて記事を書きます。

 

 

 

少子化で不動産価格は下がる?」

現在の日本の住宅の空家率は、13.5%(※2015年総務省「住宅・土地統計調査」結果発表)となっており、10軒に1~2軒は空家だという状態です。

これはこれで、驚きですよね。

さて、少子化が続く日本では、需要と供給のバランスが崩れ、住宅の価格も安くなっていくと想像される方もいらっしゃると思いますが、きっと、そうはなりません。

今後の不動産価格を予想する上で、現在より更に大きな「人口移動」が発生することを想像いただくと、分かりやすいと思います。

 

 「人口移動による不動産①(過疎地)」

※前提:子供が少なくなる(少子化

f:id:haruru1019:20171210000958j:plain

 

「ある地域の過疎が進行」

「人口減少。地域で仕事が減り、雇用を求め都市部に人が移住」

「更に過疎が進行」

「住まいを購入する者自体が、いなくなる」

当然、不動産価格は大幅に下落。

 

 

 

「人口移動による不動産②(都市部)」

 ※前提:地方から人口が流入する。 

f:id:haruru1019:20170421201234j:plain

 

「仕事を求め、若者が都市部に移住」

「都市部に人が更に集まる」

「都市部の人口増加」

都市部では人口が増加。不動産価格が上昇

 

というの不動産の構造改革が起こるからです。

 

「不動産も勝ち組・負け組の時代に」

上記のような負のスパイラルの循環が発生した結果、「人が集まる街」と「人が去っていく街」に2極化し、勝ち組と負け組の街が顕著になります。

一昔前のバブル時代は、首都圏は異常に、地方都市はそれなりに土地価格が上昇しましたが、低成長率時代の現在はそうはいきません。
現在は、「三大都市圏とその周辺ベッドタウン(勝ち組)」VS「日本の地方都市(負け組)」という図式です。
勝ち組の街の不動産の価値はそのままか、人が集まりますので、更に金額が上昇するでしょう。
でも、負け組の街は、不動産価値・値段自体がつかないところまで、値下がりしたり、購入を考える人自体がいなくなっている厳しい状況は、ご想像いただけるでしょう。

f:id:haruru1019:20180103214554j:plain

 

「最後に一言」

まとめですが「不動産価格」のポイントは、更に大きな「人口移動の発生」です。

人口が集まる都市は勝ち組に、人が去ってしてしまう都市は、負け組のエリアになります。

それは都市単位ではなく、同じ都市の地域単位でも言えることなので、10年後、20年後の将来でも、資産価値の落ちない地域で、マンションを選んでください。 

 

 

  

 

※初めてご訪問いただいた方は、下記も記事が、このプログの基礎となる記事なので、良かったらご覧下さい。

www.haruru.top