4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

なかなか聞けない?マンション購入にはいくら【現金】が必要?

f:id:haruru1019:20190620111912j:plain

こんにちは! 晴(ハル)です。

マンションや住宅を購入する際、正直一番の悩みはお金のことですよね。「住宅って全部でいくら費用がかかるの?」や「いくら現金が必要?」疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

本日は優先順位1位・適正な予算をたてることについて「家の購入資金(現金)はいくら必要か」を考えます。

 

失敗できないマンション購入の優先順位10

優先順位1位・「適正な予算をたてること」
優先順位2位・「大手不動産の物件を購入すること」
優先順位3位・「駅からの距離を重視すること」
優先順位4位・「住みたいエリアを探すこと」
優先順位5位・「マンション前建てを気にすること」
優先順位6位・「部屋の広さにこだわること」
優先順位7位・「階高・眺望にこだわること」
優先順位8位・「部屋の間取りにこだわること」
優先順位9位・「マンションの向きのこだわること」
優先順位10位・「マンションの設備にこだわること」

↓本ブログでは、「失敗しない分譲マンションの選び方」についての情報をお伝えしております

www.haruru.top

 

 

住まいの購入資金はいくら必要?

マンションは金融機関の審査さえ通れば、頭金0円でも購入できます。
でも、それは物件価格が限度です。
実際に購入するには住宅ローンの保証料などを含む「諸費用」が必要になりますし、新生活を始めるにもお金はかかります。
最低限だとは思いますが、大まかな内容は以下の通りですので参考にして下さい。

住宅の頭金以外の概算資金
物件購入に必要な諸費用:100万円
カーテン・照明費用  : 50万円
引越し費用      : 50万円
エアコン費用     : 50万円
家具等購入費用    : 別 途
合 計        :250万円

上記は目安ですが、物件を頭金0円で購入しても最低250万円ほど自己資金(現金)が必要となります。

 

 現金はできるだけ使わなくていい

さて最小限必要な現金の内訳が分かったら、あとは住宅の頭金をいくらにするかです。
現在の日本は低成長の為、低金利時代。
ある程度手持ちに現金を持っておき、お金を有効に利用することをお勧めします。

融資は物件価格の100%まで融資が組めますので、ローンの返済が無理でなければ、住宅資金は0円でも良いのです。(銀行の審査はあります。また不動産屋会社によっては手付金を求められる場合がありますので担当者にご相談ください)

f:id:haruru1019:20180107004455j:plain

住宅ローンは生涯一度のチャンス

さて、住宅ローンを多く組めると言っても日本人はローンに抵抗がある国民性です。
それは素晴らしいこと。
でも住宅ローンに関しては別です。これだけ低金利で、長期間、高額の融資を受けられるチャンスは人生で一度しかありません。

例えば、会社を立ち上げ事業を起こす際に一介のサラリーマンが3000~4000万円も借りられるでしょうか?また、車を購入するとき、35年間も長期で融資を受けられるでしょうか?

答えは「NO」です。

では、いかに住宅ローンが有利な融資であるか、車購入のオートローンと比較してみましょう。

 

ローン比較

①住宅ローン100万円:金利0.625%・35年返済
→月額返済2,651円

(総返済額111万3420円・金利負担11万3420円
※2018現在:金利は変動タイプ。金利変動があった場合、金額は変更になります。 

②オートローン100万円:金利2.975%・10年返済
→月額返済9,664円

(総返済額115万9680円・金利負担15万9680円

上記2つを比較してみて、いかがでしょうか?
なんと、35年長期に借りている住宅ローンの方が、月々の返済が安い上に金利負担も小さいのです。

www.haruru.top
www.haruru.top

f:id:haruru1019:20190620161845j:plain

 

計画的な住宅資金(現金)の使い方

住宅ローンがいかに魅力的なローンであることはご理解いただけたと思います。

では、ここで①②を比較してみましょう。
①出来るだけ住宅ローンを組む。⇒余剰の現金で車・家電を買い替える。
②出来るだけ現金を住宅に入れる。⇒車や家電は後でローンを組む。
もちろんお勧めは①です。

車購入費を300万円とした場合、オートローンでの返済月額2万8,892円ですが、住宅ローンでは返済月額7,953円しかかかりません。

住宅購入後にオートローンを組むことを考えると、返済額にかなりの余裕ができることが分かると思います。また家電製品も省エネタイプを購入し、月々の光熱費の削減を目指してみても面白いかもしれません。

 

最後の一言

上記のお話ですが、あくまでも住宅資金(現金)に余裕がある場合に限ります。もちろん無理な住宅ローンを組んでもいけません。今回知ってほしかったのは、住宅ローンは魅力的な融資であり、家を購入する際の人生で1度だけのチャンスであるという事です。

住いだけでなく、数年先の車や家電等の買い替えも考えて、住宅の頭金をいくらにするかを決める事が大切です。

では!