4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

住宅ローンは生涯一度のチャンス!住宅資金で車を買ってもいいんです

f:id:haruru1019:20180107003416j:plain

 こんにちは! 晴(ハル)です。

本ブログでは、失敗しない分譲マンションの選び方についての情報を、お伝えしております。
さて、マンション購入の際には、様々な費用がかかるものですが、今回は、「住宅ローンは、生涯一度のチャンス!住宅資金で車を買ってもいいんです」の記事を紹介します。 

 

 

f:id:haruru1019:20180103214029j:plain

住まい購入に、いくら現金を使う?

マンション・戸建て購入の資金計画をたてる際、手持ちの現金を、いくら住宅の頭金として使うか、悩むと思います。

皆さん、いかがでしょうか?

ちなみに、マンション購入以外に必要な費用は、以下の通りですので参考にして下さい。

<住宅購入資金>

必要経費 概算金額
購入に必要な諸費用  100万円
カーテン・照明   50万円
引越し費用   50万円
エアコン費用   50万円
家具等費用    別 途  
合 計   250万円

 上記はあくまで目安ですが、自己資金(現金)が必要となります。

 

f:id:haruru1019:20180107004455j:plain

住宅ローンは、生涯一度のチャンス

日本人はローンに抵抗がある方も多いと思いますが、住宅ローンに関しては、これだけ低金利で、長期間、高額の融資を受けられるチャンスは、人生で一度しかありません。

例えば、会社を立ち上げ事業を起こす際に、一介のサラリーマンが、3000~4000万円も借りられるでしょうか?

また、車を購入するとき、35年間も長期で融資を受けられるでしょうか?

答えは「NO」です。

では、いかに住宅ローンが有利な融資であるか、車購入のオートローンと比較してみました。 

 

①住宅ローン100万円借入の場合(金利0.625%・35年返済)

  金 額
返済月額    2,651円
総返済額  1,113,420円
金利負担   113,420円

 

②オートローン100万円借入の場合(金利2.975%・10年返済)

  金額
返済月額    9,664円
総返済額  1,159,680円
金利負担   159,680円

 ※2016現在:金利は変動タイプですので、金変動に伴い、上記金額は変更になります。

 上記を比較してみて、いかがでしょうか?

なんと、住宅ローンの方が、35年も長期に借りても、総返済額(金利負担)が小さいのです。

 

f:id:haruru1019:20180106222830j:plain

「計画的な住宅資金(現金)の使い方」

住宅ローンがいかに魅力的なローンであることが、ご理解いただけたと思いますが、住宅資金(現金)に余裕がある場合は、「+α」を考えても良いと思います。

 「+α」とは、例えば、数年後に車や家電を購入する予定があれば、以下を考えて、多めに住宅ローンを組んでみても良いのではないでしょうか?

①思い切って車・家電を買い替える

②車や家電を購入する資金を現金で持っておく。

ちなみに①を想定してみましょう。

車購入費:300万円と想定すると、オートローンでは返済月額2万8,892円ですが、住宅ローンでは返済月額7,953円となります。

何年後かに車のローンを組むことを考えると、かなり有利であることがご理解いただけると思います。

  オートローン 住宅ローン
300万円    28,892円   7,953円

また、家電製品も省エネタイプを購入し、月々の光熱費の削減を目指してみても面白いでしょう。 

 

「最後の一言」

上記のお話は、あくまでも住宅資金(現金)に余裕がある場合に限りますし、無理な住宅ローンを組んでもいけません。

でも今回、知ってほしかったのは、住宅ローンは、魅力的な融資であり、家を購入する際の人生で1度だけのチャンスであるという事です。

住いだけでなく、数年先の車・家電等の買い替えも考えて資金計画を立てることが大切なのです。

 

では!