4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

価値が落ちない物件を探したい!マンションは駅近物件を妥協してはいけない理由

f:id:haruru1019:20170103195212j:plain

本ブログでは、失敗しない分譲マンションの選び方についての情報を、お伝えしております。

初めてご訪問いただいた方は、下記も記事が、このプログの基礎となる記事なので、良かったらご覧下さい

www.haruru.top

f:id:haruru1019:20170318212047j:plain

 

 

こんにちは!晴です。

本日は、失敗しないマンションの優先順位3位「絶対、駅近物件を妥協してはいけない理由」について記事を書きます。

私もマンション販売をしていた営業時代、最も欲しい物件のPRポイントは「駅近」。

それも、できれば徒歩5分以内のマンションでした。

理由は簡単、物件が多少高くても、すぐに売れるからです。

 

マンション価値は駅に近いからこそ

マンションの不動産としての特徴は、資産性が高いことです。資産性とは「貸したり」「売ったり」しやすいということ。

マンションの資産性が保たれやすいのは、「駅」から徒歩圏内に住めるという「立地的メリット」の要素が大きいからです。

 

駅地下物件は何分から?

では、 駅近物件って、徒歩何分まででしょうか?

2010年に発表された下記の資料をご覧ください。

「駅徒歩別平均価格差(70平米換算)」
 駅徒歩   新築物件  中古物件  差額
【徒歩01分】  基準   基準    ー
【徒歩02分】 +048万  -156万  204万
【徒歩03分】 +059万  -070万  129万
【徒歩04分】 +010万  -141万  151万
【徒歩05分】 +033万  -238万  271万
【徒歩06分】 025万  -306万  331万
【徒歩07分】 -086万  -448万  362万
【徒歩08分】 -196万  -378万  182万
【徒歩09分】 -260万  -496万  236万
【徒歩10分】 -426万  -764万  338万
【徒歩11分】 -530万  -820万  290万
【徒歩12分】 -646万  -997万  351万
【徒歩15分】 -876万  -1274万 398万
※[参考]東京カンテイ2010年(首都圏)駅徒歩別価格単価表

新築の駅近は6分以内

上記は、徒歩1分物件を基準とした価格変動の差額を表した資料です。この資料を見ると、新築物件に関しては、徒歩6分以内は価格差も少ないことが分かります。

これは、徒歩5分前後の物件は駅近物件として認知されており、新築は価格差をつけなくても売れているという解釈で良いでしょう。

また、徒歩7分を超えると、駅が1分遠くなるごとに価格が安くなっていきますので、徒歩6分を境に価格が安く設定されていることが分かります。

中古物件は駅距離にシビア

中古物件に関しては、駅からの距離が1分遠くなるごとに明確に価格差がついていきます。

結構シビアです。

もちろん、駅が遠くなると元々の新築物件の価格も安く設定されていますが、新築時と中古物件の差額の推移を見ても、駅から離れると中古物件はどんどん価格が下がって売買されていることが分かります。

f:id:haruru1019:20181212130915j:plain

 

最後に一言

駅に近くなればなるほど、マンションの金額は高くなります。欲しいエリアであれば、多少駅から遠くなっても・・・と考えるお気持ちは、とても理解できます。

でも、私はマンションは「住まい」であると同時に「資産」です。

ですから、将来、少しでも高値で売れて、貸せる物件を皆さんに持ってほしいと考えます。

マンションの生命線である「駅近」の条件だけは、妥協せずにマンションを探すことをお勧めします。

では!