4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

間違いない売主をみつけたい!「大手不動産会社」の物件だけを購入すべき理由・その2

 

f:id:haruru1019:20161228000746j:plain

こんにちは! 晴(ハル)です。

本ブログでは、「失敗しない分譲マンションの選び方」についての情報を、お伝えしております。

【失敗しないマンションの選び方の優先順位】
優先順位1位・「適正な予算をたてること」
優先順位2位・「大手不動産の物件だけを購入すること」
優先順位3位・「駅からの距離を重視すること」
優先順位4位・「住みたいエリアを探すこと」
優先順位5位・「マンション前建てを気にすること」
優先順位6位・「部屋の広さにこだわること」
優先順位7位・「マンションの階高・眺望にこだわること」
優先順位8位・「部屋の間取りにこだわること」
優先順位9位・「マンションの向きのこだわること」
優先順位10位・「マンションの設備にこだわること」

本日は、前回に引き続き、優先順位2位「大手不動産会社の物件だけを購入すること」について書きます。

 

www.haruru.top

 

大手不動産会社の物件だけを購入すべき理由

大手不動産会社の物件だけを購入すべき理由は、企業としての体力があるからです。

マンション業界は、資金力さえあれば、参入に関しては敷居が低く、比較的簡単に参入できる業界です。

当たれば収益も大きいですが、外れれば損失も大きい業界だと言えるでしょう。

古くは「バブル経済の崩壊」、近くは「リーマンショック」のような大きな不況はもちろんのこと、小さな不況でも長く続くと、新興の不動産会社はいつの間にか淘汰されているという業界です。

 

 

景気の波に左右される不動産業界

よく「景気や相場が読めなかったの?プロでしょ!」などと言われます。

 理由はひとつです。

マンションは、土地の売買交渉から完成までに長い年月がかかるからです。

マンションは土地の仕入れから、建物の計画、マンションの建築、建物完成までは、少なくとも2年以上の月日がかかります。2年もたてば、景気も変動し、「当初、設定した価格では売れなくなっていた」なんてことは、良くあることです。 

f:id:haruru1019:20161228122125j:plain

 

自転車操業の業界

マンション事業には多くの人材と多額の費用が必要です。

まず、土地を仕入れる人間(部署)から始まり、設計・施工を管理する人間(部署)、マンションを企画・販売する人間(部署)、会社を運営・維持する経理や総務の人間(部署)まで合わせると多くの人材が必要となります。

もちろん、土地の仕入れや建築費、販売経費にも大きなお金が必要となります。

一般的に銀行からの融資でまかないますが、マンションの住戸を顧客に引き渡すまで、代金は入ってきません。順調にマンションが売れなければ、銀行に返済することができなくなり、会社は倒産してしまいます。

つまり、マンション業界は大なり小なり、売り続けて、お金を回していかなければならない「自転車操業の業界」なのです。

でも、いつも事業計画が計画通り進むことはありませんので、体力のある企業でなければ、長く残っていかないのです。

 

最後に一言

私も、この業界で不動産会社や施工ゼネコンが倒産していくのを何度も見ました。

不動産業界のサイクルとしては、景気が良くなると、振興の不動産業者が何社も現れ、事業を広げていきますが、ちょっと景気が悪くなると次々と倒産し、何も残らなくなる。

マンション業界はそんな一面がある業界です。

「つぶれない会社=ブランド・信頼性」なのです。

では!