4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

「特別な工事をしなくても、壁掛けテレビを実現する方法」

こんにちは。晴です。

 本日は、我が家のTV スタンド(壁掛けテレビ)についてお話しします。

f:id:haruru1019:20161007022402j:plain

 

 

「ダイニングが中心の我が家では、TVは高い位置でないと困るんです」

以前は、普通のリビングセット(TV台・ローテーブル・ソファー)の組み合わせでしたが、ダイニングとリビングの家具を入れ替えてからは、ダイニングテーブルに座ってTVを見るスタイルになりました。 

でも、このスタイルだと、TVを視聴する目線自体が高くなるので、通常のTV台の位置では低すぎるため、画面が見づらく、ちょっと困ってました。

www.haruru.top

f:id:haruru1019:20161007032058j:plain

■以前のリビング(長男付き)※以前は、普通より低いタイプ(床から約22㎝)のTV台でした。

 

「思い切って、壁掛けTVにしようと計画しましたが・・・」

TVを高い位置に設置する必要ができたので、思い切って「壁掛けTV」にしようと計画しました。

皆さんは、壁掛けTVの印象はどうですか?

僕は「住宅のモデルルームみたいにな壁掛けだったら素敵だろうなー」と単純に憧れていました。

 

「我が家では、壁掛けTVを設置できない構造でした」

マンションにお住みの方で、同じような構造だと、ご理解いただけると思いますが、我が家の壁の一部は、コンクリ―ト壁に直接クロスを貼ってある構造です。

マンションのコンクリート壁は、基本的に穴をあけたりしてはいけませんので、我が家の壁には「壁掛けTV」自体が設置できませんでした。

f:id:haruru1019:20161007032232j:plain

■現在のダイニング。TVの配置。

f:id:haruru1019:20161007032842j:plain

■壁寄せTVスタンド※TVの高さ(下端)は床から約80㎝に設定しました。

 

「ネットで見つけたのが〃壁寄せTVスタンド〃です」

で・・・色々ネットで探し、見つけたのが『壁寄せTVスタンド』です。

構造上、壁掛けTVが設置できない我が家は、床から足を付いているスタンドタイプのTV台『壁寄せTVスタンド』を購入しました。

設置したメリットとデメリットの簡素をご紹介します。

 

メリット

1、壁が傷がつかない。

2、TV位置を変更できる。

3、スタンドの裏側にTVの配線が収納できるので、見た目もスッキリできる。

ちなみに、組み立ては簡単ですが、さすがにTVを支える機材ですので、それなりに重量があるので、2人以上での作業が必要です。(僕は奥さんに手伝ってもらいました。)

通常、壁掛けTVは一度設置場所を決めてしまうと、家具の移動や部屋の模様替えはしづらくなりますが、このスタンドであれば、簡単に移動もできるのが大きなメリットです。

 

デメリット

1、配線は隠せるが、レコーダーや接続したブルーレイ等の置き場がない。

→別売りの棚がありましたが、我が家はローテーブルを利用し、レコーダー等を隠してます。

 

「最後に一言」

今回は、TVスタンドのお話ですが、若干「備え付け家具」VS「置き家具」というお話しでもあると思います。

壁掛けTVは、「備え付け家具」の部類に入ると思いますが、スッキリしていて、素敵ですよね。

でも、将来的は模様替えや、インテリアの趣味が変わった場合、壁掛けTVは変更がしづらくなるという欠点があると思いますので、一度決定すると後戻りのできないのは、小心者の僕にとってはハードルが高いような気がします。

ですから、今回は壁寄せスタンドの「置き家具」の方で良かったかなーとも思ってます。

 

では!!

 

 

 

 インテリアブログランキングに参加中です。

↓ 他の方のインテリアを見たい方はポチッと願います。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村