4人家族なのに、3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

部屋のイメージを上げてくれるのはLEDより白熱球の照明です

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

 

www.haruru.top

www.haruru.top

 

 こんにちは。晴(ハル)です。

 9月になり「もうすぐ一年も終わるか」と思うと驚くばかりの晴(ハル)です。

 さて、本日は、『部屋のイメージを上げてくれるのはLEDより白熱球の照明です』の記事を紹介します。

 

「部屋のインテリアは照明で決まる」

皆さん、照明にはこだわりはありますか?

照明の効果で、部屋のインテリアのイメージを、1~2ランク簡単に上げることができます。

でも、我が家は、注文住宅ではなく、マンションの照明配線も追加・変更できない状態で購入したので、一から照明を計画できるわけでなく、定番のシーリングで既存の照明器具を設置するしかない状態でした。

その中で、僕なりの好みの照明を選んでみましたのでご紹介します。

あっ、ちなみに有名な海外ブランドの照明などは出てきませんので、・・・あしからずです。

 

「夜の我が家をご紹介」

f:id:haruru1019:20160902020849j:plain

■夜のリビング。壁や絵を照らすようにスポット照明を設置。

f:id:haruru1019:20160902014523j:plain

■夜のリビング

f:id:haruru1019:20160902021625j:plain

■ハロゲンタイプの照明球。スポット照明✖3

f:id:haruru1019:20160902020617j:plain

■夜のダイニング

f:id:haruru1019:20160902014841j:plain

f:id:haruru1019:20160902021703j:plain

■LED(コイズミ)シャンデリア。シンプルとにかくシンプルです。

 

www.haruru.top

 

 

「目指せ!ホテルと住宅照明の中間色」

 基本的には、私が間接照明が好きなので、ホテルと住宅照明の間のような部屋を作りたいとの思いから、照明器具を選びました。

でも、ホテル風の照明だけだと、暗すぎますので、子供のいる我が家では、その中間を目指すことにしました。

 具体的に説明すると、基本、天井の照明で、部屋の明るさは保ちながら、ダイニングのコーナーにランプ照明を置いたり、リビングのスポットライトは、一個は床を照らしながらも、その他の照明は壁を照らすなど、間接照明的に照明計画を致しました。

 

「LEDより白熱球」

入居時は、LED照明にこだわって購入、設置してましたが、やはり白熱球タイプの明かりの風合いが僕は大変好きです。

時代に逆行するかもしれませんが、LED照明から、リビングの照明をハロゲンタイプの照明に変更して、使用してます。

白熱球タイプの照明は、省エネではないし、夏場は部屋の温度を上昇させるほど、発熱しており、明らかにエコでも家計にもやさしくありませんが、・・・大好きです。

 

f:id:haruru1019:20160831004352j:plain

■リビングのコーナーに置いたランプ

 

「最後の一言」

子どもが寝る21時以降は、リビングの照明を暗くしてます。

奥さんは、明るい部屋の方が好きそうですが・・・、私は、間接照明だけの若干、暗い感じで過ごすのがとても好きで、落ち着きます。

今回の写真だと上手に表現できなくて、すみません。

 

では!!

 

www.haruru.top

 

 

 

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

よろしければ「ボッチ」とお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村