4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けない部屋づくり。

3LDKの一番の悩み!1部屋足りない子供部屋のベッドのレイアウト例

f:id:haruru1019:20190623124219j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは! 晴(ハル)です。
マンション購入をする際「3LDKか、4LDKにするべきか?」と悩まれた方は多いのではないでしょうか?

2011年。晴家は、3LDK・75㎡の分譲マンションを購入しました。

当時、子供は長女さん(2才)だけでしたが「将来4人家族になっても、和室を夫婦の寝室にすれば、3LDKでも対応できる」と考え、購入を決めました。その1年後にめでたく長男さんが生まれたのです。

「子供の成長にあわせて、柔軟に部屋を変更できる3LDKに魅力を感じました」
以上が、晴家の公式の購入理由。 その理由に嘘偽りはありませんが、あくまで公式発表です。 

 

以下が非公式発表。
一番の理由は「私が住みたい地域では、4LDKの部屋は、予算が届かなかったから」
誰だって買えるなら4LDKがイイですよね。

我が家が選んだのは3LDKなので、子供2人に対して子供部屋はひとつだけ。
本日は、兄弟相部屋の家具レイアウトについての記事を紹介します。

f:id:haruru1019:20160824213131j:plain ■我が家の子供部屋(うーん。散らかってる。散らかってますね。)

 

相部屋の使い方ポイント

さて、現在の我が家には子供が2人(長女さん7才と長男さん5才)。約6畳の洋室を子供部屋(相部屋)として使ってます。

ただでさえ狭い部屋。「子供部屋ですること」「しないこと」を明確に決めて、家具をレイアウトしました。

①子供たちで寝てもらう。

僕は大人と子供それぞれに寝室を持つべきだと考えてます。ですから子供用のベッドも2つ準備。

我が家では2段ベッドではなく、ローベッドとロフトベッドを組み合わせたちょっと変わったレイアウトを採用しています。

f:id:haruru1019:20190623121324j:plain
②おもちゃ・本は、自分たちで管理する。

僕は「自分で片付ける習慣を持ってほしい。」と思っています。ですから、子供部屋には、おもちゃや本をしまう書庫や収納棚を作っています。

f:id:haruru1019:20190623121540j:plain

f:id:haruru1019:20190623123653j:plain

③子供たちの衣服は、和室で保管する。

まだ、長男さんは小さいので、和室やリビングで着替えます。和室に収納を準備してますので、子供部屋にはタンスを置いていません。 

f:id:haruru1019:20190623121639j:plain

④勉強は、リビングダイニングで

子供部屋ではなく、リビングやダイニングで勉強させます。そして、この度、思い切って勉強机をなくしました。

f:id:haruru1019:20190623121804j:plain
www.haruru.top

 

子供部屋に最適なベッドを

では、子供部屋のベッドのレイアウトをご紹介します。

元々、子供用のベッドは1個持っていたので、 2段ベッドではなくロフトベッドを購入しました。
ロフトベッドは、2段ベッドと違い下の空間が自由に使える背の高いベッドのこと。

 

ロフトベッドは我が家のようにベッドをクロスさせる「変形2段ベッド」のような使い方でなくても、ベッド下が収納として使えます。

狭い部屋にとっては、心強いアイテムなのです。 

f:id:haruru1019:20160917205640j:plain■子供部屋:2段ベッドではなく、ローベッドとハイベッドを交差して、変形2段ベットとして使ってます。

子供も大好きロフトベッド

子供は背の高い場所が大好きです。

ロフトベッドは、登って遊んだり、天井に飾りつけしたり、縦の空間を上手に遊べるアイテムでもあるのです。

f:id:haruru1019:20190623124712j:plain

■子供は高い場所(ベッド)が大好きです。

f:id:haruru1019:20190623124758j:plain

f:id:haruru1019:20170821150906j:plain■ハイベッドの下は、絶好の収納ポイント。百科事典などを収納にしていますが、狭い部屋なので、これだけ収納場所が取れると良いですよね。

 

ベッド購入もネットの時代

さて、今回のベッド選びは、かなりの家具屋さんやインテリアショップを廻りました。

でも中々気に入ったものが見つからず、最終的にはネットで見つけました。ネットだと移動時間もなく、沢山の商品を眺められ、その中で、気に入ったデザイン、サイズ、価格を選択できるメリットがありますよね。

ちなみに、僕が、お世話になったのは「neruco」さんというベッド専門のネット通販会社です。

↓「neruco」さんのHPこちら

ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュ-ネルコ-」

 現物を見ないでのネット注文は若干不安はありましたが、木目の質感・コストともに大満足でした。

 

最後に一言

2011年、75㎡・3LDKのマンションを購入した当時、子供は長女さん(2才)だけでしたので、ある程度の家族構成の変化にも対応できる3LDKを選びました。(晴家公式)

長女さんが、もう少し大きくなったら僕と奥さんの寝室を明け渡し、和室に移るようになるかなーと考えてます。

もうすぐ「自分の部屋が欲しい」と言い出す年頃ですが、それまで、もうちょっと子供部屋のインテリアを楽しみたいと思ってます。

では!!

 

追伸:今日は兄弟仲良く寝ています。 

f:id:haruru1019:20160825000121j:plain

■ベッドは2つありますが、今日は兄弟仲良く、ロフトベッドで寝ています。