4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログは、4人家族で住む3LDKマンションの生活・インテリアを紹介。裏テーマ、狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

晴ってどんな人。まずは、ご挨拶です。

 

f:id:haruru1019:20180506100413j:plain

 

 

「まずは、ご挨拶」

はじめまして。晴(ハル)と申します。

本ブログでは、主にはマンションに関することを綴ってますが、マンションのライフスタイル・インテリアに関しては全て「我が家の出来事」をお話しし、マンションの資産性は仕事の経験上のお話です。

ちなみに、我が家のマンションは、政令都市に位置し、地元の方からは「いい所に住んでますねー」と言われる立地(価格面からギリギリ徒歩圏内9分の分譲マンションを所有)ですが、引き換えに75㎡3LDKのマンションに、家族4人で住んでます。

不動産価格の相場観が違い過ぎる東京都心にお住まいの方はすみません。

 

では、僕の家族を紹介してみます。

・僕(本ブログの執筆者)
性格:人見知り、小心者の一般的な会社員。インテリア関係のブログを書くのは、女性の方が多いとのイメージが僕にはありますが、男性である私も始めさせていただいてます。

・奥さん(「プリザーブドフラワー作家」の奥さん)
性格:外交的ですが、本来は人見知りなので、とても疲れやすいようです。自然素材の健康、美容、花が大好き

・小学生の長女(ブログ開始2016年:当時7才)
性格:「一人っ子が良かった」と言ってはばからないワガママ長女さん。お絵かき・工作大好きの文系女子

・長男(ブログ開始2016年:当時4才)
性格:「スポーツ大好き」我が家唯一の体育会系長男さん 

f:id:haruru1019:20180506101726j:plain

f:id:haruru1019:20180506101754j:plain

 

一貫して住まいの仕事についている僕

 僕は、大学卒業後、大手ハウスメーカーの営業10年(オランダ生まれの有名ウサギ)務めたのち、現在は、大手マンション販売会社に勤務しています。

仕事としては、有り難いことに、一貫して住まいに関する仕事をつづけることができていますが、少し僕ができることをお話しします。

正直、建築士の資格はありませんので設計図は描けませんが、注文住宅営業を10年続け、多くのお客様と打合せを重ね間取り・設備のプランニングをしてましたので、1~3階建ての間取り作成は得意です。

また、住宅ローンの取り組み、マンション管理についての資格(管理業務主任者取得)も持ってます。

 

ブログを始めた理由

我が家は、4人家族で、子供はまだ小さいのですが、おもちゃや絵本など部屋にあふれています。
皆さん「部屋がなかなか片付かないなあー」とイライラしたり、また「このインテリアは良いなあー」と人に教えたくなったり、日々の生活で、インテリアに関して、思うことはありませんか?

私は、特にイライラしてしまう方が、よくあります。(4LDKで、もっと広い家であれば、イライラは少ないかとは思いますが・・・)
住まいのストレスを少しずつ解消し、コンパクトながらも、家族4人で、より居心地の良い住まいを目指して、これから、ブログに記録していこうかと思っております。

 

タイトルに込めた思い

ブログのタイトルに込められた、想いは、一般的な住まいでは、4人家族であれば、夫婦の部屋、子供部屋×2、和室の4LDKが一般的ではないでしょうか。
でも、マンションでは3LDKが最も多く販売されている間取りですし、我が家も3LDKです。

部屋数も足りないかもしれないコンパクトなマンションで、快適で素敵な住まいをつくれれれば、すごく良いことだと思ってますが、いかがでしょうか?

だって、他の方にも、一番参考になるハズですから。
「広い家が素敵なのは、当たり前」
「お金をかけた家が豪華なのも当たり前」
と思ってます。

僕は、一般的な会社員で、普通の生活ですが、快適で自分らしいインテリアの情報を発信できたらと思ってますので、これから、少しお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

最後に一言

これから、主には部屋のインテリアのことを書いていこうかと思ってますが、我が家も小さな子供がいますので、子供の成長や日々の暮らしなども載せていこうと思っています。

皆さんと子育ての楽しさや難しさも共有出来たら素晴らしいですよね。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

 

 では!!

 

 

f:id:haruru1019:20160824210015j:plain

■2016年7月。ある夏の日。
バルコニーにて、水をはったバケツの中のおもちゃの魚を、一生懸命釣り上げている長男(当時5才)。もちろんバルコニーでも帽子はかぶらせます。パシャリ

 

 

 

 ー記事紹介ー

www.haruru.top

www.haruru.top

www.haruru.top