4人家族なのに3LDKのマンションインテリア

本ブログでは、4人家族で住む3LDKコンパクトマンションの生活・インテリアを紹介してます。 注文住宅営業9年、マンション販売・管理9年と一貫して住まいに関する仕事をしておりますが、仕事を離れた所から、住まいについて思うところと若干子供たちの記録を綴ります。ブログの裏テーマは、目指せ!狭くても広い部屋に負けないインテリアです。

早く、片づけなさい!の叱り方は、子供に逆効果でしかない理由

f:id:haruru1019:20170724222249j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴です。

毎日、忙しい中、部屋を片づけるのは、本当に大変ですよね。

本日は『早く、片づけなさい!の叱り方は、子供に逆効果でしかない理由』の記事を、ご紹介します。

 

 

 

 「部屋が散らかるのは、あなたのせいではありません」

本ブログに、ご訪問の方は、住まいに関心がある方が多く、得意・不得意があるとはおもいますが「片づけ」は避けては通れないテーマではないでいでしょうか?

特に、小さい子供がいるご家庭などは、大変です。

散らかすのが当たり前の子供たちは、遊んだら遊びぱなし、お絵かきしてもそのまま、全く片づけません。(とりあえず我が家はそうです。)

f:id:haruru1019:20170725020737j:plain

■片付いている和室。床が見える幸せを感じる瞬間です。

f:id:haruru1019:20170724224153j:plain

■物が、あふれ始める我が家。最も被害にあいやすい部屋は和室です。

 

「奥さんは、とても忙しいのです」

皆様のご家庭もそうだと思いますが、奥さんはみんな忙しいです。

食事の用意・片づけ・洗濯・掃除等の家事全般、それに加えて、育児、仕事、おつきあい等々、やらなければならない事が多いです。

その忙しい中で、ある程度、手を抜けるのが、「片づけ」や「掃除」では、ないでしょうか?

僕も、できるだけ家事を手伝おうとはしていますが、仕事が忙しくなるとそうはいかず、加速度的に、部屋が煩雑になっていきます。

 

「子供たちにも、手伝ってもらいます

そこで、我が家では、子供たちにも、積極的に片づけを手伝ってもらっています。

何日かおきに、僕が、子供たちに「お片づけ」の大号令を掛け、自分の物は自分で片付けるように、お願いしてますが、その際、気を付けていることが、ひとつだけあります。

それは、ただ単に「早く、片づけなさい!」とだけは、言わないようにすることです。

f:id:haruru1019:20170725021123j:plain

■長女さん。いらない物の仕分け中。 

 

 

 

「早く、片づけなさい!は厳禁」

つい『もう、こんなに散らかして、早く片付けなさい!!』と言ってしまいそうになりますが(結構、僕も言ってしまいますが…)、そこは、グッと我慢して下さい。

ただ単に「片づけなさい」と言っても、具体的に教えてあげないと「何を」片づけていいかさえ、子供は、理解できていないからです。

 

「早く、片づけなさい!が駄目な理由」

例えば、陸上のコーチが、選手に教える時に「とにかく、早く走れ」とは言いません。

きっと、スプリントのフォームや走り方を、教えるはずです。

お片付けも同様、あまりに抽象的な言葉「片づけなさい!」ではなく、「散らかっている〇〇を、こうして、ここに片づけなさい!」と具体的に指示してあげるべきなのです。

そうしないと、いつまでたっても、効率的な片づけ方法が身につかないばかりか、怒られる事による嫌な気持ちやマイナスイメージを、お片付けに持ってしまい、本当に逆効果なのです。

 

「片付けは、やる気ではなく、テクニック」

 精神論の好きな日本人は心構えが良ければ、部屋を片付けると思いがちですが、片付けは「やる気(気力)」ではなく「テクニック(技術)」です。

我が家では、以下の様な『片づけ方』の手順を、いちから話して、お片づけをしてもらうように、心掛け、声掛けをしてます。

『片づけ方の手順・声掛け』

1「まず、具体的に何を片づけるか教える」

2「散らかっている物を、一か所に集める」

3「要らない物は、自分で選んで、捨てる」

4「仲間分けをしてもらう」

5「分けた仲間を、決まった場所に収納

f:id:haruru1019:20170724224050j:plain

■長女さん(小3)。1学期も終わったので、学校のテストやプリントを仕分けしています。

まず「残すもの」「捨てるもの」を選んでもらいましたが、残すのは100点のテスト、捨てるのはそれ以外の点数のテストだそうです。

 

「大切なのは、モノの住所」

また、子供の片づけで最も大事なのは、「どこに仕舞うか」を子供にわかってもらうことと「仕舞いやすいこと」です。

よく一般的に言われる「物の住所」を決めるのですが、より分かりやすく、また箱などを使い、ある程度仲間分けも大まかな方が良いようです。

f:id:haruru1019:20170725020506j:plain

■下の段。各ブロックごとに「ランドセル」「習字セット」「習い事」「おもちゃ」に分けてます。

f:id:haruru1019:20170724231231j:plain

■勉強の本・テキストは上段に。各ブロックごとに長女さん(小3)長男さん(幼稚園年長)の物を分けてます。

f:id:haruru1019:20170725020657j:plain

■プリントやテストは、100円ショップのクリアボックス(A4)に入れて保管してます。 

 

「最後に一言」

本日は 、子供のお片付けについて、記事を書きました。

私も含め、我が家の子供たちも、まだまだ、片付けの習慣が身についていません。

でも、片付けは「やる気(気力)」ではなく「テクニック(技術)」ですので、地道に、子供たちには、片づけ方を教えていこうと思ってます。

 

では!!

 

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

「家で遊ぶ!夏休みの子供が退屈し出したら、ベランダで遊ぼう」

f:id:haruru1019:20170603224435j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴です。

いつの間にか「夏休み」に入ってしまいましたが、子供は大喜び、奥さんたちは、憂鬱になっているのでは、ないでしょうか?

我が家でも子供たちの「ひまー。ひまー。遊んでー!」の兄弟大合唱です。

本日は「家で遊ぶ!夏休みの子供が退屈し出したら、ベランダで遊ぼう」の記事をご紹介します。

 

 

 

「とりあえずベランダで遊ぼう」

ある休日、僕は、朝から退屈そうにしていた長男さんの「ひま。ひま。遊んでー」コールに負けて、遊ぶことになりました。

ただ、午後から出かけないといけなかったので、公園などに行く時間はなく、我が家で遊ぶことにしました。

体育会系の長男を満足させるには、外で運動させることなので、今回、夏という事もあり、準備したのは、全く飛ばない幼児用の「水鉄砲」。

ベランダに、特製ステージをつくって、ごく小規模な「親子対抗水鉄砲大会」を急きょ、開催することにしました。

あっ長女さんも、水鉄砲大会に、くいついてきた・・・。

 

※我が家のバルコニー紹介⇒

www.haruru.top

 

「迷惑をかけないよう細心の注意を払う」

ただ、我が家はマンション住いですので、周りに迷惑をかけられません。

細心の注意を払いながら、以下を準備してみました。

・水鉄砲は幼稚園児用の全く飛距離のでないものをセレクト。

・外に水がこぼれないように、背の高い植栽をベランダの外側に置きガード。

・万一、水がこぼれた場合を考え、下の階に布団などを干していないか確認。

・我が家の階下は、進入禁止のエリアなので、迷惑はかけません。

・子どもの声が迷惑にならないように時間は5分だけ。

 

「特製ステージを作成」

親子対抗水鉄砲大会のため、背の高い植栽を外側に置いてガードし、また、ベランダにおいてある机や黒板で、それぞれの陣地をつくりました。

そして、飛ばない水鉄砲を使うと、当然、お互いの距離が近くなるので、水をガードする盾「バケツのフタ(IKEA製)」と「収納箱のフタ(ダイソー製)」を、兄弟それぞれ持たせ、競技がスタートです。

f:id:haruru1019:20170721210755j:plain

■兄弟で作戦会議を始める兄弟。外側には背の高い植栽を並べ、万一のためのガードに。

f:id:haruru1019:20170721210440j:plain

■水をガードする盾をもって!さあスタートです。 あっまだ早いよ。

 

「いつもと違う、非日常は楽しい」

では!

子どもたちの笑い声とともに、僕VS子供たちの水鉄砲大会がスタートです。 

f:id:haruru1019:20170721212039j:plain

■お互いの陣地から、水鉄砲大会スタートです。手前が僕。

f:id:haruru1019:20170721212110j:plain

■僕の水鉄砲をフタの盾でガードする長男さん(5歳)。

f:id:haruru1019:20170721212148j:plain

 ■バケツのフタを盾に、じりじり、近づいてくる長女さん(8歳)

f:id:haruru1019:20170721212208j:plain

■最後は超至近距離での打ち合いです。これだけ近いとお互い水濡れです。

結果は、僕の負けということになりました

 

「最後に一言」

本日は、 ベランダで遊んだお話ですが、水鉄砲は、飛距離の出ない、子供だましの物を使い、外部に水がこぼれないよう細心の注意を払いました。

時間にして、5~10分位でしたが、子どもたちとっては、満足したひとときのようでした。

やはり、いつもと違う非日常って、楽しいですよね。

 

では!!

 

※非日常を楽しも⇒

www.haruru.top

www.haruru.top 

 

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

 ■最後は長女さんVS長男さんです。

「マンションは元々収納が足りない!3LDKは、和室を収納の中心にすると上手くいく」

f:id:haruru1019:20170718214448j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴です。

 本日のテーマは、「収納」ですが、3LDKの間取りの方には、ぜひ聞いてほしいお話です。

皆さん、お住まいの収納は足りていますか?僕はあっても、あっても足りません。

マンションの収納は限られているので、解決方法は2つ。

ミニマニストになり、物を極限まで減らすか、新たな収納を増やして片づけるか、どちらかですが、小さい子供がいたり、家族が多いと物も多く、前者は、難しいですよね?

そうすると、タンスやクローゼット等の家具で収納を増やすことになると思います。

本日は「マンションは元々収納が足りない!3LDKは、和室を収納の中心にすると上手くいく」

f:id:haruru1019:20160909075831j:plain

 ■我が家の和室。

 

 

「3LDKマンションでは、和室が収納の中心となるべき」

表題の通り、和室が収納の中心となるべきというお話ですが、「押入れ」を収納の中心にするというわけでなく、和室に新たに家具等を置いて、収納力をアップさせるというお話です。

そもそも、押入れは、家族やお客様のお布団、冬物夏物の衣類、扇風機などの季節物、子供の思い出のものなど、すでに一杯ではないですか?

リビング・ダイニングに隣接した和室に、新たな収納家具をプラスして、和室を収納の中心にすると、とても使い勝手がよくなります。

www.haruru.top

「我が家の収納をご紹介」

我が家の和室には、1間(幅1800㎜)の「押し入れ」以外に、幅2,000㎜×奥行660㎜×高さ2,010㎜(IKEA:ワーブローグ)と、かなり大きな収納家具を置いてます。

主には「子供服」、奥さんの「カバン」、仕事で使う「フラワーアレンジメントの材料」、「一時的な収納置場」等々を収納しておりますが、我が家にとってはなくてはならない収納です。

そんな、大きな家具を置いたら、「和室が狭くならない?」と思われるかもしれませんが、全くその通り、和室が狭くなり、かなりの圧迫感を与えています。

それでも、3LDKの間取りでは、全体の収納量を考えると、和室に押入れ以外の収納をつくり、『和室を住まいの収納の中心すること』が、最も効率的で理にかなった収納計画なのです。

f:id:haruru1019:20160909080133j:plain

■和室に大型の衣類収納。こちらは主に長男の衣類を保管してます。

f:id:haruru1019:20160909231206j:plain

■和室のワーブローブ(衣類収納)収納の中は、長男さんの衣類となんでも置いても良いスペースを確保。左右合わせると大変大きな収納量が確保できます。

 

「和室を収納の中心にする理由」 

3LDKの間取りだと、和室を収納の中心にするべき理由は、マンション独特の部屋の使い方によるところが大きいと言えるでしょう。

主な理由・メリットは以下の3つにまとめましたので、ご覧下さい。

1「マンションは、元々収納が足りない」

2「使いたい場所(リビング)の近くに収納できる」

3「子供の成長に合わせて、部屋を入替える」

4「和室はみんな共通の部屋です」

 

1「マンションは、元々、収納が足りない」

安心してください。部屋に物が収まらないのは、あなたや僕が悪いのではなく、マンションの収納自体が少ないのです。(といっても、適度なダンシャリは必要ですが…)

僕が、マンションの営業をさせていただいていた時、延べ床面積100㎡を超えるような広い部屋を案内していても、「これだけ広い部屋でも、収納は足らないだろうなー」と思いながら、販売をしておりました。い

もちろん 3LDK・75㎡の我が家の収納量など、比らべるまでもありませんが・・・元々、マンションの標準的な収納は少ないのです。

 

2「使いたい場所(リビング)の近くに収納できる」

収納場所にも適材適所があって、使う場所の近くに収納すると便利です。

主にはリビング・ダイニングで過ごされるご家庭が多いと思いますが、TVやソファがある為、リビングには、収納場所を確保することは難しく、隣接している和室に収納するのが、最も効率的で便利です。

ちなみに、戸建て住宅も、この「適材適所」の収納スペースは、意外と少ないものです。

敷地スペースの関係上、2階は収納が多く取れても、生活の中心となる1階の収納は和室の押し入れしか収納がない場合がほとんどで、適材適所の収納という観点から見てみると、マンションより収納が少ないかも知れませんね。

f:id:haruru1019:20170718222826j:plain

3「子供の成長に合わせて部屋を入れ替える

子供が小さい時は、着替えはどこでしてますか?

きっと、子供部屋ではなく、リビングや和室で着替えるでしょうから、和室に子供服をしまう収納があると、とても便利です。

また、3LDKの間取りに4人家族が住む場合、子供が小さい時は、ひと部屋を相部屋にして、もうひと部屋を夫婦の寝室にしますが、子供が成長すると、個室が必要となる為、親は和室で寝るようになります。

結局、押入れ以外にも、ある程度、夫婦の洋服等をしまう為の収納家具が、和室にも必要となるのです。

  

4「和室は、みんな共通の部屋です」

収納は、それぞれ使う部屋の人のものを仕舞うのが原則です。

子供部屋の収納に、奥さんのものや、僕のものをしまったりするのは、あまり気持ち良いものではありません。

でも、和室は、普段から使う部屋なので、みんなの部屋の意味合いが大きく、収納する人を選びません。

みんなが使う部屋にある「収納」であることが大切なのです。

 

 「最後に一言」

 本日は、収納のお話でしたが、いかがでしたか?

3LDKのマンションでは、子供の成長に合わせて、部屋を入れ替えて使いますが、和室が収納の中心だと、どのスタイルでも使い勝手が良いので、お勧めです。

あとは、和室に置いても、インテリアを損ねないデザインの家具を置くだけですが、これが難しいですよね。 

 

では!!

 

 

  

f:id:haruru1019:20160909082746j:plain

■和室には「ちゃぶ台」。我が家の和室では、奥さんと新婚当時から使っているちゃぶ台を使ってます。長女さんがお絵かき中です。パシャリ

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓ 励みになりますので、よろしければボッチとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

「無印のバスケットは、洗面所ではなく、玄関で活躍してますが・・・少し罪悪感があります」

f:id:haruru1019:20161008133109j:plain

 本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

こんにちは。晴です。

皆さん、玄関に置いてあるスリッパは、どのように収納していますか?

玄関収納にしまったり、スリッパたてを置いたり、いろいろだと思いますが、我が家では無印の・・・を利用してます。

本日は「無印のバスケットは、洗面所ではなく、玄関で活躍してますが・・・少し罪悪感があります」の記事をご紹介します。

f:id:haruru1019:20161008133205j:plain

■我が家のシンプルな玄関。

www.haruru.top

 

 

 

「玄関のスリッパたては、MUJIですが・・・」

我が家の玄関アイテムのひとつをご紹介します。

我が家のスリッパたてはMUJIの「ステンレスワイヤーバスケット」を使用してます。

普通なら、洗面所やキッチンなどで使う事が多いアイテムですが、シンプルな形状と質感が気に入ったので、我が家では専用のスリッパ入れとして置いてます。

このバスケットを、玄関に置いてみての感想ですが、おそらく耐久性を考えてだとおもいますが、とてもしっかり作っているので、「スリッパを入れておくだけでは、もったいないのかも・・・」です。

デザインや質感が気に入っていて、見せる収納として選んだつもりですが、若干スペックの無駄遣いに、少し罪悪感を感じています。

f:id:haruru1019:20161008134420j:plain

 ■MUJI:ステンレスワイヤーバスケット

 約幅26×奥行18×高さ18cm 

 

「MUJI製品の良さ」

MUJIの商品を手に取ると、製品として、本当にしっかりしたとした品質であることが実感できます。

今回、ステンレスワイヤーバスケットも実際、触れてみると、とても強固につくられており、また、シンプルで洗練された製品なのが分かります。 

f:id:haruru1019:20170715223222j:plain

f:id:haruru1019:20170715223308j:plain

「IKEAとの違い」

IKEAなどは、ある程度のデザインを保ちながらも、低価格を目指してしているブランドですが、価格が安価な分、製品の品質・精度の面から言えば、いまいちの商品もあるように思います。

例えば、購入したもののフタがピッタリ揃わなかったり、塗装が一部剥げていたりと、日本人の感覚では「?」という商品もあります。(それは、それで、価格なりの納得感もありますので、決して批判ではありません。)

 

「他のブランドとの違い」

MUJIの商品は、簡素で、主張をそぎ落としたようなデザインですので(元々、ターゲットも、一般消費者向けですが・・・)、決して高級家具・高級インテリアではありませんが、他のブランドの同じクラスの製品と比べると、安価だと思います。

また、雑貨に関しても、100円ショップに代表されるように、より安価な商品はたくさんありますが、無印良品の品質・精度・使い勝手等には及びません。

 

「最後に一言」

本日は、「玄関に洗面室などにつかう無印のバスケットを使用してます」 という記事を書くつもりでしたが、終わってみれば、MUJIのブランド論みたいになってしまいました。

無印は、商品の品質精度は高く、サイズ等もよく考えられた使い勝手ができ、シンプルなデザインのブランドだと思ってます。

僕の中では、無印良品をひとことで表現すると『間違いのないブランドである』の一言です。

 

では!!

 

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

f:id:haruru1019:20161008142345j:plain

■ミニ卓球で遊ぶ兄弟をパシャリ。

仲良く遊んでたと思ったら、5分ごとに「ケンカして、仲直りして」を繰り返してます。やれやれです。

「家に帰ろう!最もリラックスできる場所が、理想の住まいです」

f:id:haruru1019:20170715113902j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

生活の中で、基本となるものは「衣」「食」「住」ですが、僕は、それぞれに効果があると思っています。

例えば、「衣」の効果については、買ったばかりの新しい服に袖を通すと、その日の気分も上がり、自分に『自信』を持つことができます。

また、「食」についても、美味しいものを食べると、無条件で楽しく幸せな気分になります。

では、「住」の効果って、なんでしょうか?

今回は、理想の住まいについて綴ろうと思います。

本日は、「家に帰ろう!最もリラックスできる場所が、理想の住まいです」の記事をご覧ください。

f:id:haruru1019:20170705214342j:plain

 

 

「理想の住まいって?」

『理想の住まいってなんだろう?』ふと思うことがあります。

広い家、整理整頓された清潔な家、お洒落なインテリアに囲まれた家、様々条件はあると思いますが、僕が思う理想の家は『家族がリラックスできる家』だと思っています。

家とは、ご飯を食べて、お風呂に入って、TVを見て、寝るという『生活の場所』、つまり『日常』なのですが、家族が集う場所だからこそ、『わがままを言える場所』であり、『最もリラックスできる場所』であるべきだと思っています。

大人も子供も外(会社・学校・社会)では、みんな頑張ってます。

外では、無意識に、緊張もするし、ストレスも感じていると思いますが、家族の疲れた心と体をリラックスさせてくれ、体力・気力ともに充電させてくれる場所・住まいこそが『理想の住まい』です。

 

「理想の住まいに最も必要なピース」

では、理想の住まいをつくるのに、最も必要なもの(ピース)は、なんでしょうか?

広い部屋?洒落たインテリア?ハイブランドの家具?いえいえ違いますよね。

皆さんもそうだと思いますが、僕にとっても、それは「家族」です。

 散らかるおもちゃ・脱ぎっぱなしの衣類・あふれる小学校からのお便り等々、住まいのインテリアにとっては、マイナスばかりですが、「家族」がいなければ、我が家にとっては、理想の住まいになりません。

本来は、一人で過ごすことが好きな僕でさえも、大好きな奥さんとまだ小さい子供たちと過ごす何の変化もない日常生活(家での生活)に、ささやかな幸せを感じます。

ですから、僕だけではなく、家族にとってもリラックスできるインテリア・住まいをつくるのが、とても大切なことなのです。

f:id:haruru1019:20170715113933j:plain

■家族で育ってている家庭菜園(ほぼ担当は僕ですが・・・)。

www.haruru.top

f:id:haruru1019:20170715121706j:plain

■リビングで遊ぶ兄弟。コンパクトな間取では、自然とリビングに集まります。

www.haruru.top

 

「狭いマンションならではのライフスタイル」

僕は注文住宅の営業、新築マンションの販売の仕事をさせていただきましたが、それぞれの住まいに合ったライフスタイルがあります。

とくに僕の住んでいる3LDKのマンションの間取りは、部屋数も少なく、広くはありません。

以前は、子供が大きくなったら、部屋数が足りないので、「将来は、今の夫婦の寝室を子供部屋として明け渡し、和室に移るのか・・・ムム」「将来、部屋が狭くならないかなあ・・・ムムム」などと、漠然と不安でしたが、今は違います。

3LDKはコンパクトな間取ですが、反面、子供たちが小さいうちから、「家族の距離感が近いライフスタイル」を送れる住まいだと気づいたのです。

 

まだまだ、なついてくれる子供たち(8歳長女さん・6歳長男さん)ですが、近い将来、反抗期に入り、難しい年ごろになるとは思います。

でも、この元々近い距離感をできるだけ、上手に保っていける環境(住まい)をつくっていくことが、僕の考える理想の住まいづくりなのです。

f:id:haruru1019:20170715121950j:plain

■ベランダで、仲良くビンゴゲームを楽しむ兄弟。

www.haruru.top 

f:id:haruru1019:20170715122519j:plain

■片づけたばかりの寝室にいつの間にか集まり、くつろぐ兄弟。

www.haruru.top

 

 「最後に一言」

今回は、理想の住まいについて、記事を書きましたが、いかがでしたか?

やはり、旅行から帰ってきた時、「やっぱり家が落ち着くね」と思える住まい、家族みんながリラックスできる住まいを作れるよう日々精進ですね。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

「3LDKマンションの悩み!狭い部屋なりの子供部屋のつくり方」

f:id:haruru1019:20170711210607j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

本日は、我が家の長女さん(小3)、長男さん(幼稚園年長)が使う子供部屋の過ごし方と部屋の作り方をご紹介します。

「3LDKの悩み!狭い部屋なりの子供部屋のつくり方」の記事ご覧ください。

f:id:haruru1019:20170711212001j:plain

■我が家の子供部屋。長女さん用のハイベッドと長男さん用のローベッドをクロスさせています。

 

 

「3LDKの悩みは、子供部屋の使い方なのです」

3LDKの我が家では、5.8畳とコンパクトな部屋を子供部屋にしており、兄弟相部屋で過ごしてもらってます。

我が家のリビング以外の部屋は、洋室5.8畳、洋室5.5畳、和室6畳がありますが、洋室5.5畳は、夫婦の寝室につかっているので、子供たちには、まだ、個室はあげられていません。

3LDKの間取りは、十分な広さの子供部屋を与えられないのが、大きな悩みですよね。

 

 「狭い部屋なりの子供部屋のつくり方」

あれもこれも揃えられない子供部屋なので、用途を厳選し、ある程度割り切ることが、最も良い『狭い部屋なりの子供部屋のつくり方』です。

我が家では、子供たちに『どう子供部屋を使ってほしいか』『どう家で過ごして欲しいか』を考えて、子供部屋のインテリアや家具を厳選して置いてます。

ちなみに、僕が考える子供たちの過ごし方は以下の内容です。

1.子供部屋でそれぞれで寝てほしい。

2.持ち物は自分で管理してほしい。

3.リビングで過ごしてほしい。

4.興味を伸ばしてほしい。

上記の1~4を踏まえ、子供部屋に置いている家具は、「ベッド×2」「収納家具」だけを揃え、興味をもっているものでインテリアをコーディネートしています。

 

1.「子供部屋でそれぞれで寝てほしい」 

ご家族によっては、子供が小さいときは、家族みんなで寝るご家庭もありますが、僕は、子どもの時間と大人の時間は違いますので、寝室は分けるべきだと考えてます。

ですから、子供たちには、それぞれベッドで寝てもらうようにしています。

f:id:haruru1019:20170711215239j:plain

■夜の子供部屋。上のベッドは、長女さん、下のベッドは、長男さんです。

f:id:haruru1019:20170711215029j:plain

■夜の子供部屋の過ごし方。ハイベッドで寝る長女さんは、本が好きで、寝る前によく読んでいるそうです。いつでも本が読めるように、スポットライトを置いています。

 

2.「持ち物は、自分で管理してほしい」

子供たちには、勉強道具、おもちゃ、カバンなど自分たちの物は、できるだけ、自分で管理する習慣をつけてほしいと思っています。

子供部屋には、できるだけ低い位置に収納を準備して、自分でお片付けをしてもらっています。

f:id:haruru1019:20170711224854j:plain

■勉強の棚、お習字の棚、おもちゃの棚、それぞれの区画によって、収納するジャンルが違います。

f:id:haruru1019:20170711224951j:plain

■バッグ収納も、子供たちで掛けられる高さにしてます。

 

3.「リビングで過ごしてほしい」

基本的には、子供部屋は、『寝る場所』であり『自分たちの物を置く場所』であれば、十分だと思っています。

それは、我が家では、リビングに家族が集まるべきだと思っており、子供たちが勉強するのも遊ぶのもリビング・ダイニングと決めているからです。

ですから、子供部屋に置いてあった学習机も撤去しました。

www.haruru.top

 

4.「興味を伸ばしてほしい」

子供部屋のインテリアは、子供の興味・関心を持つものを選んでいます。

例えば、長女さんが興味を持っている『世界の国々』の関心を持続してほしいと思い、壁にシールを貼ったり、『野球』好きの長男さんの為に、プロ野球のユニフォームを飾っています。

f:id:haruru1019:20170711221320j:plain

■世界の国々に興味を持っている長女さん。僕の知らないような国名の場所も知っています。

f:id:haruru1019:20170711225039j:plain

■毎年10月には、ハロウィンの飾りつけを子供たちとします。

 

「最後に一言」

広い戸建てや4LDK以上マンションなら、部屋数があり、広さも十分な住まいなら何ら問題はないでしょうが、3LDKであれば、ある程度の制約もでてきます。

今回、狭い部屋の子供部屋のつくり方の記事を書きましたが、狭い部屋にもメリットがあります。それは「家族の距離感が近い」という事です。

まだまだ、小さい子供たちがいる我が家にとっては、とても幸せな環境だと思っています。

 マンションは、ワンフロアーの住まいで、元々「近い家族の距離感」が保たれやすい環境ですので、子供の成長にあわせて、徐々にお互いのプライバシーを保っていく部屋をつくっていくのが、最良だと思っています。

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加してます。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.

「バルコニー菜園収穫!それにしても、大きなお皿ほど、料理をおいしそうに見せます」

f:id:haruru1019:20170709112028j:plain

本ブログでは、僕の家族・住まいについての「マンションのライフスタイル考案」と私の仕事の経験から「失敗しないマンションの選び方」「その他」を、綴ってます。

今回は「マンションのライフスタイル考案」についてのお話ですが、初めての方は、本編の記事をご覧いただくと有り難いです。

www.haruru.top

www.haruru.top

 こんにちは。晴(ハル)です。

我が家では、ささやかながら、バルコニーで家庭菜園をしておりますが、ミニトマトがたくさん収穫できましたので、報告します。

「ベランダ菜園収穫!それにしても、大きなお皿ほど、料理をおいしそうに見せます」の記事ご覧ください。

f:id:haruru1019:20170709112114j:plain

■我が家のささやかなベランダ家庭菜園。

 

 

 

「ベランダの家庭菜園が育ちました」

ある日、長女さんが「お父さん、トマト収穫していい?」と聞いてきました。

ふと、ベランダを見ると、長女さんの言う通り、トマトが鈴なりになっていましたので、「ムムム、いつの間に」と、夏野菜のトマトの成長の早さに感心しながら、僕は「じゃあ、収穫していいよ」と答えました。

長女さん・長男さんも大喜び!

早速、ハサミとボールを持って、兄弟でトマト収穫作業が始まりました。

f:id:haruru1019:20170709120325j:plain

■記念に奥さんのスマホで撮影をする長女さん。

f:id:haruru1019:20170709120408j:plain

■いつの間にか鈴なりのトマトたち。 

 

 「兄弟でトマトの収穫しました」

この時ばかりは、ケンカもせず、兄弟仲良く、トマトを収穫していましたが、何でも自分中心に世界が回っている長女さん(8歳)は、やはりハサミを独占して、トマトをチョキン、チョキン!

長男さん(6歳)ボールを持ってお手伝い・・・兄弟の力関係がよく表れているようです。

無事、収穫は終わり、その日のお昼の食材となりました。

f:id:haruru1019:20170709120935j:plain

■兄弟の共同作業。収穫する長女さん(8歳)、お手伝いする長男さん(6歳)

 

「大きなお皿ほど、料理をおいしそうに見せます」

この日、収穫したトマトは早速、お昼の食材に使われ、収穫したトマト、納豆、梅肉、キュウリを使った『冷やし讃岐うどん』をつくりました。

今回、料理の量に不釣り合いなほど、かなり大きなボール状のお皿を使いましたが、これは、お皿の余白が多ければ多い程、簡単な料理でも、おいしそうに見えるからです。

f:id:haruru1019:20170709134042j:plain

■本日のトマト収穫

f:id:haruru1019:20170709123349j:plain

讃岐うどん。納豆・キュウリ・梅肉

f:id:haruru1019:20170709123316j:plain

■大きなお皿。 分かりにくいので、小皿との比較をしてみました。

f:id:haruru1019:20170709123429j:plain

■簡素なお昼ごはんをアップしてすみません。ここでは、料理ではなく、『大きめのお皿だと、盛り付けが良く見えますよね』と言うお話です。

 

「最後に一言」

どんな食器を使うかは、その人の感性が表れると思っていますが、僕の好みの傾向としては、大きめのお皿・食器を選んでしまうようです。

お皿やコップ、普段使う食器類も、住まいの大切なインテリアの一部だと思っていますが、皆さん、いかがですか?

 

では!!

 

 

インテリアブログランキングに参加中です。

↓励みになりますので、よろしければ『ボッチと』願います.